小田朋美/シャーマン狩り

小田朋美/シャーマン狩り
2013年12月 日本
『見落としていた2013年の新星』

 以前、こちらの記事でチェックしていた小田朋美。
じわじわ気になってきて購入してみました。

 前回書いた通り、
クラシックの素養を持ったピアノ弾き語りのシンガー・ソングライターです。
Perfume、YMO、Spank Happyという3つのグループのカバーを収録。
聴く前はもっと硬派な内容かと思っていたのですが、
軽やかな室内楽ポップスという感じでとても親しみやすいアルバムでした。

 プロデュースはSpank Happyの菊地成孔ですが、カバーの選曲など
サポートが中心となっているそうです。

 ヴァイオリン2、ヴィオラ2、ドラム、そして自身によるピアノという
クインテット編成での録音が半分ほど。
残りはドラムとのデュオとなっています。
ピアノはジャジーなフレーズも織り交ぜており、瑞々しい音色が印象的。
クインテットでの録音では弦楽器のアンサンブルが加わって
ダイナミックな演奏が楽しめます。

 現代音楽、ジャズ、クラシックを混ぜ合わせた自作曲群は
退廃的な雰囲気を持っており、既に独自のスタイルを感じさせます。
また宮沢賢治や谷川俊太郎、寺山修司といった詩人の詩を歌にしているのも特徴。
童謡のメロディーを織り交ぜて、和を感じさせてくれます。

 また先述したようにカバーを3曲収録。
室内楽風に大胆にアレンジされており、こちらも新鮮な聴き心地。

 歌声も魅力的。凛々しくも、どこかおきゃんな印象も残す、高音ヴォーカルです。
カバーと、このヴォーカルで硬派な世界観を親しみやすく仕上げている印象。

 久しぶりに「なんだこれは!」と思ってしまいました。
それくらい鮮烈なアルバムで2013年中に聴いておけばよかった、と今は後悔しております。

小田朋美1stアルバム『シャーマン狩り -Go Gunning Shaman-』告知動画①〔風が吹き風が吹き〕ver.


動画を載せたかったのですが、アルバム音源は全くなし。
ライヴも音質が劣悪につき、断腸の思いでダイジェストを。
2、3回繰り返してピンときたら是非。

↓やっぱりさびしいので追加。
小田朋美 - Angelic (SPANK HAPPYカバー)

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップスSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

#595 No title
ほう!これは面白い!
#596 No title
退廃的な雰囲気を持っており、既に独自のスタイル(現代音楽、ジャズ、クラシック)、大人の音楽ですね。シャーマン狩りという題名にもその天才ぶりが。。
#597 Re: No title
RW様 こんばんは
コメントありがとうございます。

スパンク・ハッピーのカバーはあったので動画を追加しておきます。
是非そちらも聴いてみてください。


> 退廃的な雰囲気を持っており、既に独自のスタイル(現代音楽、ジャズ、クラシック)、大人の音楽ですね。シャーマン狩りという題名にもその天才ぶりが。。
#598 Re: No title
わんわんわん様 こんばんは
コメントありがとうございます。

> ほう!これは面白い!

動画が1分しかないですが、興味を持っていただけたなら何よりです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する