Sons Of Morpheus/Sons Of Morpheus

Sons Of Morpheus/Sons Of Morpheus
2014年9月 アメリカ
『詳細プロフィール不明、
70年代ハードに心酔する暴走トリオ』


 またしても問答無用でかっこいいハード・ロック・バンドを発見!
例えるならレッド・ツェッペリンに心酔していた初期ラッシュと、
モーターヘッドを掛け合わして2で割ったような、
そんなスピードを男気を兼ね備えたバンドなのです。
問答無用、とか書きつつ、これからガッツリとレビューしちゃいます。

 ソンズ・オブ・モルペウス。
モルペウスの息子。
そもそもモルペウスって何ぞや、ってことですが、
どうやらギリシャ神話に出てくる神様のことらしいです。
人間の物真似を得意としており、
対象の人間の夢のなかに、人間に成りすまして入ることが出来るとのこと。
これをバンド名にしているのですから、
モルペウスみたいにお前たちの夢に侵食してやるぜ!ということでしょうか。
ギリシャ神話というベタなハッタリが効いていて、とても素敵なバンド名だと思います。

 ソンズ・オブ・モルペウスはトリオ編成のロック・グループ。
ギター&ヴォーカルのマニュエル、ベースのルーカス、ドラムのサイモン
というメンバーで構成されています。
結成年度や、彼らのプロフィールは不明。
オフィシャル・サイトフェイスブックは今年から開設されているので、
恐らくここ数年内にバンドとして活動を開始したと思われます。
(毎度ながらプロフィール情報が薄くてごめんなさい。)
多分デビュー作です。
SONOFM.jpg

 音楽性ですが一言で言えば、ブルース由来のハード・ロック。
オフィシャル・サイトの紹介欄でもサバスやZEP、エクスペリエンスが例と出されていますが、
あながち見当はずれとも言えません。
ダークでシリアスなハード・ロックをディストーションまみれでやっており、
そこらのストーナーやヴィンテージ・ハード勢には出せないアンダーグラウンド臭がプンプン。
「彼らは60~70年代を土台にしつつ、『今』の音楽へと進化させています。」
と公式の文章にはあるのですが、実際のところそんなことはありません。
先にも書いた通り、初期ラッシュやモーターヘッドといった
「60~70年代ハードを土台にした最初の世代」と同じ目線で制作されたアルバムと言えるでしょう。
それはひどいことなんかではなく、素晴らしいこと。

 楽曲に関してはハード・ロック・ファンのツボを的確に突く素晴らしいものが揃っています。
アンサンブルに関しては、
ジミヘン好きが時々露見する粘っこいブルース・ギター、
やや声量が足りないながら無骨なヴォーカル、
堅実なベース(・・・・・・ごめん、だって他の二人が爆音過ぎて目立たないんだもの)、
そしてパワフルなドラム。
という具合で、特にドラムの凄さが際立っています。
久しぶりに力押しのゴツイやつに出会った、と言っておきましょう。

「Pay For Me」


ドラムが上半身裸!なことも含めてバンドの凛々しいルックスが素晴らしい。
これはライヴが見たくなってきました。
初期ラッシュ、モーターヘッドを引き合いに出した自分の気持ちも、
この曲を聴けば納得していただけるかと思います。
2:30辺りのソロ・パートなどを始め、ベースの腕も再確認できました。
やっぱり巧いですね。
ブルース・ピルズが気になった方はソンズ・オブ・モルペウスも要チェック!

国内では
輸入盤店がアマゾンで出品しています。




もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカHR/HM

トラックバック一覧

コメント一覧

#481 No title
こりゃカッコいいですな~!ディープパープルの雰囲気もある!今度GETしてみます。色々なアーティストをよく研究されていますね。こちらで隠れた金の卵をチェックさせて頂きます。
#483 Re: No title
ローリングウエスト様 こんにちは

いつもコメントありがとうございます。

カッコイイですよね。
ハードロック・ファンのカタルシスをよくわかっているという感じです。

ディープパープルというご指摘ですが、言われてみれば!
ギターリフや
途中のインプロヴィゼーションに、その影響を感じることが出来ますね!

お褒めを頂きありがとうございます。
これからも当ページをよろしくお願いいたします。

> こりゃカッコいいですな~!ディープパープルの雰囲気もある!今度GETしてみます。色々なアーティストをよく研究されていますね。こちらで隠れた金の卵をチェックさせて頂きます。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する