坂本慎太郎/ナマで踊ろう

坂本慎太郎/ナマで踊ろう
2014年5月 日本
『まったりディスコ』

 評判が大変高い本作を遅ればせながらレビュー致します。
元ゆらゆら帝国のブレーンによるソロ第二弾。

 シンガーソングライターらしく内省的でありつつ、
トローンとしたサイケデリック感覚は引き継いでいます。
初期の加藤和彦サンズ・オブ・サンにも通じる幻想的な音楽で、
レトロな雰囲気もたっぷり。
ただし、それらにはないグルーヴ感や残響(エフェクト)があるのが特徴。
なるほど、タイトル通り、ムーディーなダンス要素が全編で貫かれています。
ディスコティックな楽曲から、
ハワイアンにPUFFY「アジアの純真」風メロディーをヴォイス・エフェクトで挟み込んだ
この世はもっと素敵なはず」や、
「ええじゃないか音頭」(動画は遠藤ミチロウver.)みたいな「もうやめた」など、
工夫を凝らした曲がたっぷり入っており、
どんよりした中にもユーモアをわすれていないところが素晴らしい。

「好きではないけど懐かしい」


センチメンタルな昭和歌謡、演歌調で
何故かあの曲を思い浮かべてしまいました。
エコー、エフェクトをたっぷり掛けて気怠いバラードに仕上がっています。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する