キリンジ/11

KIRINJI/11
2014年8月 日本
『バンド・サウンドが新鮮』

 遅ればせながらキリンジの新作、
じゃなくてKIRINJIのデビュー作(かな?)を聴いてみました。
全く新人バンドのフレッシュ感は無く、貫禄たっぷりですが。

 スティール・ギターや彩豊かなコーラス(所々ジェントル・ジャイアントみたいになる)
が新鮮で、より生々しくグルーヴィな音楽がなっている印象。
新鮮です。
ふと思うと。
初期から連なるキリンジのイメージを作っていたのは、冨田恵一のプロデュース。
そのアレンジ手法は、キリンジから彼が離れていてからも踏襲されていたように思います。
再出発はその殻を破る契機になったのかもしれません。

 バンドはスティール・ギター、ピアノとギター2本を含む6人編成。
内4人がヴォーカルを取っています。
バンド・サウンドとなって前述した通り、臨場感はアップ。
ただしストリングス・アレンジも曲によっては健在で、プログラミングもそこかしこに仕込まれています。
イマドキらしく隅々までスタジオでブラッシュアップされたアルバムと言えるでしょう。
バンドではやはりスティール・ギターが印象的。とにかく開放的にかき鳴らしています。
またリーダーによるシンセサイザーがYMOチックな中華メロディーを奏でているのも印象的です。
ヴォーカルを分け合っていますが彩り豊かで素晴らしい。
また、シティ・ポップからニュー・ウェイヴまで演奏のアプローチもそれぞれ使い分けており、
バラエティに富んでいます。
浴びているのが心地よくなる、素晴らしい音楽です。

 一つ気になるのは全編、堀込高樹が作曲していること。
若手ならまだしもこのメンバーなら(コトリンゴなど)曲を持ち寄ることも出来たはず。
まずアルバムを出すことを優先したのかもしれません。
ということで、バンドとしてのKIRINJIの完成形は次作を待ちたいと思います。
反面、キリンジの流れを感じさせるのは全編、堀込高樹が作曲しているゆえかもしれず、
ノスタルジックな雰囲気が受け継がれた本作は
旧来のファンにとっては安心できる作風だと思います。
ただ個人的には新しいヴォーカルと複数のライターを加えた新生キリンジ
C,S&Nみたいな)を妄想していたので、少し残念。

「進水式」


さぁ再始動というイメージのリーダー・トラック。
この曲だけでもバンド・サウンドの新鮮さが伝わり、
且つ旧来のファンもらしさを感じ取ることが出来る点で戦略的に素晴らしいチョイスですね。


 
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#443 No title
キリンジ(KIRINJI)の再始動作、すっかり忘れていました…

進水式、素晴らしい曲ですね。タイトルもまたふさわしい感じで。
自分もアルバムを借りて、またこの記事の内容振り返って見たいと思います。楽しみです。
#444 Re: No title
サム様 こんばんは
コメントありがとうございます。

忘れていた存在を思い出させることが出来て何よりです。
安心ブランドのクオリティは守られておりますので
期待は裏切らないと思います。

> キリンジ(KIRINJI)の再始動作、すっかり忘れていました…
>
> 進水式、素晴らしい曲ですね。タイトルもまたふさわしい感じで。
> 自分もアルバムを借りて、またこの記事の内容振り返って見たいと思います。楽しみです。
#447 No title
こんにちは。
Jポップにはとても疎いワタクシはキリンジ、お恥ずかしながらちゃんと聴いたの、初めてだと思います。ので、再始動云々も全然知らない訳で、、。
ワタクシの少ない引き出しからすると、鈴木博文やカーネーションの雰囲気?とか思いました。とても心地よい音楽ですね。
#448 Re: No title
yuccalina様 こんばんは
コメントありがとうございます。

ウチのブログでキリンジ初体験とは光栄です。

>鈴木博文やカーネーションの雰囲気?
このラインはXTCなど英捻くれポップをリスペクトしているグループのラインなので
ちょっと異なっていますが、それでもシティポップという括りでは共通している雰囲気がありますね。

今の日本には珍しい(というかアンダーグラウンドに追いやられている)
大人向けの音楽なのでおすすめです。


> こんにちは。
> Jポップにはとても疎いワタクシはキリンジ、お恥ずかしながらちゃんと聴いたの、初めてだと思います。ので、再始動云々も全然知らない訳で、、。
> ワタクシの少ない引き出しからすると、鈴木博文やカーネーションの雰囲気?とか思いました。とても心地よい音楽ですね。
#451 No title
GAOHEWGII様、こんばんは。

キリンジは友達から「BUOYANCY」というアルバムを借りて聴いてましたが、
都会的ながらも何処か牧歌的でシュールな世界観が面白いです。
一度ハマルと中毒になりそうな魅力がありますね。
この新曲は、今にも何かが始まりそうな曲調がグッときました。
#454 Re: No title
Choco16様 こんばんは
コメントありがとうございます。

キリンジは時期によって全然違う音楽をやっていたりするのですが
おっしゃるような魅力は確かに根底にながれているような気がします。
他ミュージシャンへの提供曲にもいいものが多く
なかなか深いですよ。

> GAOHEWGII様、こんばんは。
>
> キリンジは友達から「BUOYANCY」というアルバムを借りて聴いてましたが、
> 都会的ながらも何処か牧歌的でシュールな世界観が面白いです。
> 一度ハマルと中毒になりそうな魅力がありますね。
> この新曲は、今にも何かが始まりそうな曲調がグッときました。
#462 No title
ローリングウエスト様から頂いたコメントをこちらに転載させて頂きました。(GAOHEWGII)

KIRINJIの名前はよく聞きますね~!小生の知っているのは大相撲の麒麟児です。あっもう40年前の力士で古過ぎました~(苦笑)
#463 Re: No title
ローリングウエスト様 こんばんは
コメントありがとうございます。

キリンジの名前の由来は、力士の方と同じルーツみたいですよ。

ご年配の方々はよくその例えを用いてスルーされてしまいますが、
実際に聴くと素晴らしい「おっさん向け音楽」だと感じて頂けるはず。
(若者にも支持されていますが)
ラジオ文化にも親しんでいるローリングウエストさんなら尚更です。
機会があれば是非。

> KIRINJIの名前はよく聞きますね~!小生の知っているのは大相撲の麒麟児です。あっもう40年前の力士で古過ぎました~(苦笑)

> ローリングウエスト様から頂いたコメントをこちらに転載させて頂きました。(GAOHEWGII)
>
> KIRINJIの名前はよく聞きますね~!小生の知っているのは大相撲の麒麟児です。あっもう40年前の力士で古過ぎました~(苦笑)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する