Smooth Ace/SING LIKE CHILDREN

Smooth Ace/SING LIKE CHILDREN
2014年10月 日本
『ゲストにアレンジをまかせた
バラエティ豊かなアルバム』


 ア・カペラ・スタイルを得意とする4人編成のコーラス・グループとして
洋邦の名曲カバー・アルバムや、オリジナル作を発表していたのは昔の話。
2008年からはデュオとして活動しており、本作は再出発後第二弾のアルバムとなります。

 カラフルな小物を並べた、まるでファンシーなヒプノシスのようなジャケは
女性らしい雰囲気でデュオとなった彼等にぴったり。
クレジットによるとこれは前園直樹が担当したとのこと。
こんなことも出来るなんて凄いなぁ。(モテそうだな!)

 本作は作詞作曲を夫婦が全て担当して制作。
セルフ・プロデュースながら録音、ミックスに廣瀬修(若手の方かな?)を迎えているほか、
各楽曲にゲストを起用、アレンジを委ねています。

 ゲスト・アレンジャーは先述の前園直樹、新井俊也、窪田渡(空気公団)、
櫻井映子、川嶋可能、という渋く豪華なメンバー。
(ただし新井、櫻井両氏に関しては不勉強につき、知りませんでした)
新井俊也は小西康陽作品で知られるリミキサー、アレンジャーだそうです。

 アレンジを複数人に委ねていることもあり、
ジャケット通りのカラフルなアルバムとなっています。
ゴスペルを始めとするブラック・フィーリングが詰まったポップ音楽で、
伝統に根差しながらも気取らない、ハイクオリティーな楽曲群が揃っています。

 重住ひろこによる、ソウルフルなヴォーカルの素晴らしさは相変わらず。
1曲だけリード・パートがある岡村玄のヴォーカルもジェントリーでいいです。
そして、多重録音によるコーラス・ワーク(コーラスのアレンジは彼ら自身が担当)も
分厚く温かみのある仕上がり。
演奏は鍵盤、シンセ打ち込みを軸としており、アコースティックとバンド録音を
各曲で使い分けています。

 オーセンティックな作風なのでインパクトこそありませんが、
聴き込むほどに馴染んでくるアルバム。
穏やかな作風は、かつてのコーラス・グループとは別の魅力を発しています。
そこいらの新人には真似できない
ベテランならでは、の安定感を感じる力作。

Smooth Ace "SING LIKE CHILDREN" Official Trailer (2014)


残念ながらクリップ配信が無かったのでトレーラーをどうぞ。
割と長く聴かせてくれるので感じは掴めると思います。
本文では書きませんでしたが、ストレートな歌詞も印象的。

レコ発のライヴは予約で売り切ったみたいですね。
納得のクオリティです。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#553 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#554 Re: No title
一応、この記事を作るときにも調査したのですが
その時には該当の人物を絞り込めませんでした。

HARCOなど、CM音楽を手掛けた若手エンジニアで
シティポップ人脈の方なのですね。
なるほど。
勉強になりました。

> お調べ下さい
> 廣瀬修(若手の方かな?)

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する