星野みちる/E・I・E・N VOYAGE

星野みちる/E・I・E・N VOYAGE
2014年7月 日本
『最近、「俺の何とか」ってやつ多いじゃん。
つまり、このアルバムは「俺のアイドル」なんだよ。』


 1stアルバム『星がみちる』からちょうど1年、星野みちるが大きく成長して帰ってきました!
星野みちる×はせはじむ×佐藤清喜が奇跡を起こす!(宣伝文より抜粋)

 ということで、ファーストと同じブレインで制作された星野みちるのセカンドですね。

 ただ音楽性は変化しており、
テクノ・ポップ色が濃いシティ・ポップ作だった前作から
80年代アイドル歌謡路線へと舵を切っています。
前作の清純センチメンタル振り(ブリ)には、
アイドル黄金時代にリアルタイム世代で無い自分も圧倒されました。

 マイクロスターの佐藤清喜は相変わらずいい曲を揃えています。
アイドル歌謡になり、ヴォーカルの比重が増えたとはいえ、
トロピカル、テクノ・ポップ、ダンスなど前作以上にバラエティーに富んだ楽曲構成。
ノスタルジックなメロディー・メイカーとしての腕は衰えていません。
終盤にシンセサイザー・ソロをブチ込むなど、メジャーでは出来ない尖がった編曲もあり。

 高評価を得ている星野みちるの歌ですが、
なるほど難曲をスムーズに歌いこなす姿はなかなかのもの。
アイドルらしい清々しい歌声も素敵です。

 さしてアイドルに思い入れのない自分ですら、
クオリティの高さを感じる本作なので、まっとうなアイドル・ファンにはもちろん・・・・・・

(・・・ビデオクリップ鑑賞中)
いや、往年のアイドル・ファンにおすすめ、ということにしておきましょう。

ファーストをもう一度聴き直してみるか。

「星間連絡船 ~Night Voyage~」


アンダーグラウンド臭プンプンの妖しいクリップ・・・がいいです。
操り人形チックな雰囲気が大変すばらしい!
4:15秒からラストに掛けて繰り広げられるキーボード・ソロに於ける
彼女の挙動に注目だ!

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#819 No title
最近ですが「夏なんだし」で知りました。
キュートな魅力たっぷりですね
#820 Re: No title
面白半分様 こんばんは

> 最近ですが「夏なんだし」で知りました。
> キュートな魅力たっぷりですね

小西康陽が作った曲ですね。
新作は本作とは異なる人たちと組んでいるみたいで
また違う魅力がありそうです。

また機会があればレビューしたいです。

バックや作曲陣などの凄さと
等身大の歌詞のアンバランスも慣れるとくせになります。




コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する