Véronique Vincent & Aksak Maboul/Ex-Futur Album

Véronique Vincent & Aksak Maboul/Ex-Futur Album
1980-83年 ベルギー
『アクサス、じゃなくてアクサク・マブール』

 なにこれ?アクサク・マブールの新作?えっ?三十云年振り?
違うの?ふむふむ・・・未発表音源集・・・・・・なるほど。
本作は80年から83年に録音された未発表音源をまとめたものだそうです。

 ベルギーのアヴァンギャルド系ロック・バンド、アクサク・マブール。
70年代後半、フレッド・フリスやクリス・カトラー、ユニヴェル・ゼロ、ヘンリーカウといった
ミュージシャン、グループと交流し、レコメン・シーンの礎を築いたグループです。
リーダー、マルク・ホランダーが生み出すアヴァンギャルドながらも愛嬌あるメロディーが
散りばめられた音楽。
一口では語れない音楽性ですが。。。
敢えて言うなら、民族音楽と現代音楽の融合を、
電化楽器と生楽器を絶妙によって試みたことで生まれたもの。
(・・・・・・何か違う気がするので)
youtube動画をどうぞ。こういうのをやっています!

 さて本作。
流れてくるのは女性ヴォーカルによる、ニューウェイヴ要素たっぷりのテクノ・ポップ。
どうやら、アクサク・マブールにも在籍していたヴェロニカ・ヴィンセントのソロ作を
アクサク・マブールの面々がバックアップした、というのが本作の成り立ちのようです。
アクサク・マブールとして触れてしまうと
「なんだ、このマイルドな音楽は!こんなのが聴きたいんじゃないやい。」
となるのでご注意を。

 ミステリアスなヴェロニカの歌声は魅力的。
80年代ならではのふわふわしたシンセに乗って、
民族色を隠し味にした不安定なメロディーを奏でています。
エフェクトが掛かったコーラスもたっぷりで、
別名義として楽しむなら随所にアクサク・マブール色も残っています。

「Chez les Aborigènes」


これがファースト・シングルだそうです。
さすがの色使いでチカチカしますね。
園児がピアニカでやっても様になりそうなシンプルさ加減はさすが。

itunesなどでダウンロード出来ます。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ ベルギーロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する