スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

ライスボウル/きらめき

ライスボウル/きらめき
2010年 日本
『サニーデイを彷彿、だけじゃない』

 ローズ・レコードから曽我部恵一プロデュースでリリースされた
サニーデイ・サービスのフォロワー。
と書いてしまうと身も蓋もないけれども、事実そんなアルバムです。

 ライスボウルはトリオによるバンドで、本作が唯一のアルバム。
現在はリーダーがソロ名義で活動しています。

 最初に端的な結論を書いてしまいましたが、
もちろん彼等ならではの特徴、魅力があります。

 まずノスタルジックな題材によるメロウなバラードを得意としたグループであること。
サニーデイ・サービスは青春、という感じですが、
こちらは過ぎ去りし青春、という感じ。
この辺りはメンバー(だと思います)の子供時代をあしらった
アルバム・ジャケットからもうかがい知れます。

 また、サニーデイ・サービスに影響を受けた一方で、
彼らほどに70年代の日本語ロックへの傾倒が露骨ではなく、
フォーキーで素朴なバンド・アンサンブルも特徴。

 そしてジェントリーな歌声もセールスポイント。
発声がはっきりしているのも素晴らしい。

 発表当時も今も絶滅危惧種になりつつある、
青臭さ満点の日本語ロックが楽しめる貴重なアルバム。
先に書いたように既に解散してしまいましたが、
リーダーである毛利氏の次の活躍に期待したいです。

「虹娘 」


佇まいもとっても素朴で、上京して一旗揚げようという感じが伝わってきます。
2010年以降と考えると、この雰囲気はやっぱり凄いと思います。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップスロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。