detune./オワルゼンド

detune./オワルゼンド
2011年 日本
『かわいい入口、中身はディープ』

 アクの強いアンダーグラウンドなミュージシャンが多く所属する
WEATHER/HEADZレーベルからデビューしたエレクトロ・ポップ・デュオ、detune.。
DVD『Peeping Life』への提供曲「さとりのしょ」で一部の音楽ファンにアピールしました。
そんな彼らの三枚目。
今の所、これが最新作となっており、
最近ではグレンスミスへの参加もしており、すっかり本体での活動もご無沙汰気味です。

 彼らの音楽では
まず、郷拓郎による、女性かと錯覚するほど、か細くナイーヴな声質のヴォーカルが鮮烈。
牧歌的な世界観を生み出しているメロディーはとても親しみやすくフォーキーで、
ヴォーカルとの相性も抜群。

 そんなメイン・メロディーはギター、ストリングス、エレピ、ドラムなどの演奏が担っており、
そこにシンセを始めとした電子音の洪水を被せています。
結果、detune.ならではのほんわかとした幻想的なポップスが出来上がり。
WEATHER/HEADZ所属だけに、
チップチューン、テクノ要素も強くアヴァンギャルドな曲もあります。

 第一印象はとっつきやすい彼等ですがアクはやはり強いです。
まずこの声(究極の軟弱ボイス)を受け入れられるかどうか、
更にキレたノイズの洪水に耐えられるかどうか、
と関門は二つ。
ですが気に入ればズブズブとハマれそうな濃密な音楽だと思います。

 ファーストから比べてメロディーの質が上がっており、どんどんアルバムのクオリティーは上昇中。
成長期と感じるだけに
そろそろ次のアルバムが待ち遠しいです。

detune. featuring ユク - ユクのうた


 アルバムの曲はyoutubeで見つかりませんでした。
これは一昨年itunesで配信された楽曲。
ユクというのは女性ヴォーカルのことだと思ったのですが
どうやら違う模様でキャラクターを指しているようです。
キャラクター作家のしんぽうなおこ
という方とのコラボレーションだそうです。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#546 No title
ユクの歌、うちの娘が反応してこの曲は誰?と聞かれました。
#547 Re: No title
ローリングウエスト様 こんばんは

youtube再生していただきありがとうございます。

> ユクの歌、うちの娘が反応してこの曲は誰?と聞かれました。

一瞬で人を惹きつけるインパクトがありますよね。
前作の曲などは色々とyoutubeにあるので聴いてみてください。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する