ウワノソラ/ウワノソラ

ウワノソラ/ウワノソラ
2014年7月 日本
『若年寄を極めたルーキーのシティ・ポップ作』

 ハピネス・レコードはシティ・ポップ系に強いインディー・レーベルで、
去年はあっぷるぱいというグループのデビュー作をリリース。
こちらはシュガーベイブへの憧憬が詰まった音楽性を特徴としていました。
そして今回リリースされたウワノソラも同傾向のグループのようです。
(記事が遅れたのは予算の関係で後回しにしていたためです、ごめんなさい)
地味目な予感におびえながら、聴いてみました。

 ウワノソラは女性ヴォーカルと、ギター、鍵盤の男性二人による三人組。
曲は男性二人が書いており、リズム隊やローズ・ピアノ、管弦楽器などを担当する
多数のセッション・プレイヤーを迎えて制作されています。

 作曲に関しては、山下達郎やユーミンに例えられているのも納得。
一部では『MISSLIM』とシュガーベイブの融合と表現されていますが、
なるほどと言う感じ。
松任谷時代ほどの溌剌とした感じはなく、落ち着いたアンニュイな雰囲気がある、
という塩梅でしょうか。
あの時代のシティ・ポップの曲調、アレンジのマナーを継承しており、
楽曲のクオリティーは押しなべて高いです。
加えてウワノソラの場合は伝統を継承しつつも、
よりキャッチーなメロディーを強調しているのが特徴でしょう。
またブラック・フィーリングが注入されているのもポイント。
その作用により、シティポップとしては
かなりダイナミックなサウンドを生み出しています。
 
 看板となる女性ヴォーカルは、
感情を抑えた美しい歌声ではっきりした発声も素晴らしいです。
ただしクールな魅力の反面で、やや豪華なアレンジに負けているところもあり。
また、アップテンポでのウキウキ感がもう一つ欲しい、と感じました。
この辺りは一十三十一土岐麻子と比べて、の話で、
ルーキーと考えれば文句なしに素晴らしい力量だと思います。

 アレンジは前述の通り、往年のマナーを継承したもので、多彩な楽器を適材適所で起用。
管弦楽器も入る分厚い編成ながら、
それを感じさせない配慮がされておりとっても聴きやすいです。
演奏面ではメンバーによるフュージョン系のギターが切れ味鋭く要チェックです。
海をテーマにした楽曲も多く、そのイメージ通り爽やかな仕上がり。

「恋するドレス」


ブイブイのリズム隊とホーン・セクションがかなり黒く、印象的。
儚げな(でも発声はっきり)女性ヴォーカルが対比となって鮮やかに浮かび上がります。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップスシティポップ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する