しゃかりきコロンブス/ 君が誰かの彼女になりくさっても

しゃかりきコロンブス/ 君が誰かの彼女になりくさっても
2009年 日本
『文化祭の発表を見ているような』

 これまでワンダフル・ボーイズ関連のアルバムをレビューして来ましたが、
本作こそがその出発点となります。
ワンダフル・ボーイズの前身グループ、しゃかりきコロンブスの唯一作。

 何故改名したのかは不明(やっぱりジャニーズ絡みで難しかったのかな)ですが、
インパクト絶大のしゃかりきコロンブスという名前を無くしてしまうのは
もったいない気がしました。
それはともかく。ASKAという方はやはり凄い発想をするなぁと改めて思いました。

 しゃかりきコロンブスは7人編成のグループ。
楽器のクレジットは無いのですが、
コーラス隊、ブラス・セクションを含んでおり、
リーダー、サンデー・カミデによる歌唱がピアノを軸となった
ダンサフルなポップ・ミュージックをやっています。
フルートがお囃子のように使われているのもポイント。

ただのポップスではなく
ヒップホップ、レゲエなどの要素が融合されているのが彼らの音楽の特徴でしょう。
クラブのオーガナイザーが結成したグループだけに、演奏はかなり緩い。
加えてサンデー・カミデのヴォーカルは声域が狭いため、表現の幅が狭い。
しかし80年代から90年代に掛けてのロック/ポップスをオマージュしたメロディや、
細かく施されたエレクトロ・アレンジで眩しいノスタルジーが味わえます。
そこに気が付けば、今度は掠れたヴォーカルが、素人くささ故の気安い魅力を放ち始めます。

 「今夜はブギー・バック」を彷彿とさせる「One music オーライ!」
後に有名になったタイトル・トラック「君が誰かの彼女になりくさっても」など
楽曲の充実度は文句なし。
歌詞も面白く、
特に、彼女に好きな音楽を偏見と生理的な判断で「嫌い」←→「好き」に仕分けされる
(メタル系が多く概ね嫌われています)様子が登場する「ロッケンロールbaybe」はお気に入り。

 実は本作の大半の曲は既にワンダフル・ボーイズなどでリメイクされています。
今年リリースされた天才バンドのアルバムではヴォーカルを奇妙礼太郎にまかせており、
そのことから彼はヴォーカリストというより作曲家というポジションに重きを置いているのでは、
と思いました。
確かにそんな彼のヴォーカルを含め、チープな部分も沢山ある本作。
しかし文化祭の発表を見ているような、また純粋な音楽への熱い愛情が伝わってくるような、
和気藹々とした雰囲気がとにかく素晴らしい。
現時点での彼らの最高傑作として推したいです。

「琴平電鉄 ~ 君だけのライフ ~」


香川の鉄道を題材にしたバラード。
ピアノ弾き語りによるシンプルな曲で、感傷的なメロディーがいい。
おセンチなところがあるのも彼らの魅力の一つです。

ワンダフルボーイズ関連の記事はこちら
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ロックポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する