Herbie Harper/Herbie Harper

Herbie Harper/Herbie Harper
1955年 アメリカ
『マニアの間で有名、というフレーズは反則』

 テリー・ポラードに続いて、今週もベツレヘムの再発シリーズからご紹介。
「熱心な」ジャズ・ファン向けのアルバムが多い本シリーズだけに、
自分が買う動機はジャケ買い以外にはありえません。
本作に関しては・・・・・・
herbeyh.jpg
①上目使いにやられた。
②青いから。
③見返りポーズにやられた。
さて、どれでしょう?→正解は一番最後に発表します。

 さて、本作ですが(宣伝文を元にすると)
「熱心な」ジャズ・ファンに支持された名作
『ハービー・ハーパー・クインテット』(ノクターン・レーベル)を発表したことで
有名な(「熱心な」ジャズ・ファンに、ですよ)
トロンボーン奏者ハービー・ハーパーが、ベツレヘムに残したアルバム、とのことです。

 うーむ。まとめると
最初に聴くべきは『ハービー・ハーパー・クインテット』という10インチ、
ということみたいですね。・・・・・・。

 さて。気を取り直して。
パーソナルは以下。

ハービー・ハーパー(tb)
ポール・サラメント(tu)
チャーリー・マリアーノ(as)
ジミー・ジェフリー(ts,bs)
コーキー・ヘイル(harp)
ジミー・ロウルズ(p)
ハリー・ババシン(b)
アーヴ・コットラー(ds)

 分かっていましたが、誰も知りません。
ただ「ノクターンでの名演で知られるメンバー」も参加しているとのことで、
気心の知れたメンバーということでしょう。

 元々ビッグ・バンドで活躍していた人らしく、
本作も(全部ではないものの)オクテット編成での録音がされています。
優雅なスイング・ジャズという風情の作品。
ハービー・ハーパーのとぼけた味わいと包容力を感じさせるトロンボーンの音色が素晴らしい。
そして、ポロン、ポロンと高音を弾く涼しげなハープも、ジャズではあまり入っていない音で
新鮮に響きます。
キラキラした音色でハープをサポートするピアノもナイス。

 年甲斐もなく頑張りすぎた運動会の翌日の筋肉痛、などに効きそうな
ホンワカとしたスイング・ジャズが楽しめる一枚。
もちろん、犬を眺めながら聴くのがいいでしょう。

「Anything Goes」


オープニング・ナンバーで、リーダーのトロンボーンはもちろん、
チューバ、ピアノ、ハープの活躍もばっちり聴けるハイライト・ナンバー。
特にハープのソロからピアノに変わる所(2:30辺り)が聴きどころです。
本文の「脱力した運動会」みたいなイメージは、この曲から得ました。

クイズの答え:②青いから。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカジャズ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する