so nice/LOVE

so nice/LOVE
1979年 日本
『青春ってことが大事』

 2011年、猛烈な好評価と共に再発された学生グループの自主盤。
正直に言うと、当時この空気感に圧倒されて購入した次第です。

短く経緯をまとめると
シュガーベイブに影響を受けた学生グループがビクター主催のコンテストで優勝。
それを記念して作られた自主盤(若干枚)がネットを通じて話題を呼びCD化された、
という流れ。

2011年当時、
多くのブログに取り上げられた本作に対する熱も少し落ち着いてきた今日この頃。
自分ももう一度冷静に本作を聴いてみたいと思います。

 男性ヴォーカル1人、女性ヴォーカル2人の3人が正式メンバーとなっており、
その他、演奏にセッション・プレイヤー(助っ人)8人が参加しています。
音楽性はシュガーベイブに対するストレートな敬愛が滲み出た
コーラス・ワークを武器にしたシティ・ポップをやっています。
フォーキーな曲もありますが、
アレンジは一貫して爽やかなAOR,フュージョン系の流儀なので違和感は全くなし。

 男性ヴォーカルと、フォーク・グループ出身のため、
不思議なレトロ感を醸し出す女性ヴォーカル、
共に同時代のプロと比べると(今はヴォーカルのハードルがやや下がっている感があり)
やや声量、声域が足りない印象です。(録音過程の問題かも)
アレンジはAORやシティポップとして考えると、やや隙間が多いところが特徴で、
悪く言えばデモな雰囲気が残っているということになります。
看板曲「高速道路」はシュガーベイブ「Show」のイメージが残る炭酸ポップ。
さすが再発見のきっかけとなった曲だけに躍動感あふれる、いい曲です。
他に決め手となる曲(下敷きが割とストレートに見えてしまう)は無いものの、
同好の士であれば安心して楽しめるレベルでしょう。

 色々とはっきり書いた部分もありますが、
レコードをリリースすることが困難だった70年代に於いて、
これだけのものを学生が作ったというのは凄いこと。
そこにロマンがあり、それを含めて楽しむのが吉でしょう。
ただし。
宣伝文にある「シティ・ポップスのダイヤモンドと言える傑作」は明らかに言い過ぎ。
原石を付けるならありですが。

「光速道路」


グルーヴ感溢れる演奏はお見事。
ところどころ震えながらも奮闘するヴォーカルにも、
若さが感じられて優しい気持ちになります。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#358 No title
素晴らしい。
良いか悪いかは別にして
完全にシュガー・ベイヴしてますね。

このような音源は自分ではまず見つけられませんので
さすがGAOHEWGIIあなどれませんです。
#359 No title
GAOHEWGII様

so nice、70年代ものなんですね。全く知りませんでしたがいい感じですね。

ボーカルがモロ達郎さん!
#360 Re: No title
面白半分様 こんばんは

コメントありがとうございます。

> 素晴らしい。
> 良いか悪いかは別にして

そう、これはロマンなんですよね!

> 完全にシュガー・ベイヴしてますね。
>
> このような音源は自分ではまず見つけられませんので
> さすがGAOHEWGIIあなどれませんです。

さすがと言われると、ただ再発盤で知っただけなので
恐縮なのですが・・・・・・これからも当ブログをよろしくお願いします。
#361 No title
waterblue様 こんばんは
コメントありがとうございます。

>ボーカルがモロ達郎さん!
愛がほとばしっている感じですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する