TOPS/ Picture You Staring

TOPS/ Picture You Staring
2014年9月 カナダ
『産毛でさわさわされているかのような、
甘く柔らかいサウンド』

 あー、そういえばチョコレート・ケーキ、しばらく食べてないなぁ。
いつも親戚のおばさんがおみやげに持ってきてくれるやつ。

 トップスはカナダ、モントリオール及びケベックを拠点に活動する男女二人ずつ、
4人編成のロック・グループです。
地元のインディ・レーベル、
アービュートゥス・レコード(以前ご紹介したシーン・ニコラス・サヴェージも在籍)に所属し、
2012年にデビュー作をリリース。
好評価を得たそのファーストに続く新作が本作となります。
前作からベースが交代している模様。

 80年代に多くあったノスタルジックなシンセポップを現代に甦らせた音楽。
繊細で爽やかな女性ヴォーカル×2、幻想的に重なり合うシンセサイザー、
浮遊感を加えるテクニカルなギター、軽やかに弾み泡立つリズム隊、
時折加わる男声コーラス、といった各パーツが鮮やかに作用しあっています。
幻想的であるばかりでなく、時折近未来的(サイバー)な雰囲気に変わるところもあり。
アルバム・ジャケット通り、カラフルなサウンドで聴き手を飽きさせません。
Picture-You-Staring-320x320.jpg

 一部先行公開曲を除くと、楽曲の差別化と言う点で今一つ。
しかし、カナダならではのアンニュイなメロディーが全編に散りばめられているので、
とろけるような聴き心地に身を委ねることが出来ます。
アルバムから感じることが出来る音響音楽的な性質は、所属レーベルの持ち味でもあり。
産毛でさわさわされているかのような、甘く柔らかいサウンドは魅力的です。
きっちり自分たちの個性を把握したセルフ・プロデュースも素晴らしい。

 ソフト・ロック、ネオ・アコ、渋谷系、北欧ポップ、辺りが好きな方にアピールするナイス・ミュージックでしょう。

「Change Of Heart」
 
 紫を多用した白昼夢のようなクリップが曲とマッチしています。
メロディー、リズム共にキラキラしすぎず、あくまでも根暗な感じなのがトップス流。
沈み込むシンセサイザーの洪水が心地よいです。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ カナダロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する