スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

The Dowling Poole/Bleak Strategies

The Dowling Poole/Bleak Strategies
2014年8月 イギリス
『「イギリス臭くてしょうがない」
新作ロック/ポップスをご希望ならば、今はこれしかない!』


 能天気なコーラスと英国らしい捻くれたメロディー、目まぐるしい転調。
ELOやXTC、あるいはスパークスを彷彿とさせる捻くれ英国ポップ・サウンドに、
一発で心奪われました。
そのグループの名はダウリング・プール。

 所属インディ・レーベル、シュガー・バッチ・レコーズは宣材文でこう述べています。
「ダウリング・プールのデビュー・アルバム『Bleak Strategies』。
このアルバムからはXTC、ブラー、10cc、キンクス、ビートルズ、
といったポップの巨匠の影響が感じ取れる。
それは英国ポピュラー音楽の真髄と言うべきものなのだ。」

これは熱い!
dp.jpg

 ダウリング・プールはウィリー・ダウリングとジョン・プールという、
イギリス出身のシンガー・ソングライター二人による、デュオ。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが(マニアですね、旦那)、
二人ともワイルドハーツの元メンバーであり、ワイルドハーツ脱退後、
ウィリーはハニー・クラック、ジョンはカーディアックス、といったグループで活躍していました。
今回は二人が組んでの再出発アルバムという訳です。
ワイルドハーツ・ファンにはうれしいニュースですが、
実際のところ自分はその情報は後で知った次第であり、
本作はワイルドハーツ関連という小さな括りで済ますには
もったいないクオリティーを持っています。

 音楽性は前述した通りの、コーラスたっぷり(パパパ・コーラスも山盛り)の捻くれ英国ポップ。
ハニー・クラックからの連続性を感じますが、あそこまでパンキッシュな攻撃性はなく、
甘さが強調されているのがポイントです。
抜きんでた個性は無いヴォーカルながら息のあったハーモニー、
柔らかく包み込まれるファンタジックなメロディーと目まぐるしい転調で一気に聴かせます。
ハーモニーの緻密な構成力などからは、ジェントル・ジャイアントを彷彿させ、
プログレッシヴ・ロックな魅力を発揮しているのもポイント。

 デュオですがプログラミングなどを駆使して、きっちりバンド・サウンドを再現しています。
正直、臨場感では本物のバンドには及ばないものの
古き良きスタジオ実験の数々を踏襲しており、気になりません。
あのハニー・クラックの唯一作と渡り合えるクオリティーであり
(普遍性と言う部分では今作の方が上)、ジンジャーの新作も霞む完成度。

 何故か、日本語のレビューが一切ない状況ですが、
「イギリス臭くてしょうがない」新作ロック/ポップスをご希望ならば、今はこれしかない!
ジェリー・フィッシュのファンにも是非。

「Hey Stranger」

 

 プログレッシヴ度が高い曲です。
ふわふわとした音色のキーボードと、分厚いコーラス・ワークが印象的。
ドラマティックでファンタジー色溢れる展開は、ジェネシスを彷彿とさせます。

 データ配信は始まっていますが、
CDは8月26日からAMAZONなどで流通開始するようです。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスロックワイルドハーツ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。