ロロロ/everyday is a symphony

ロロロ/everyday is a symphony
2009年 日本
『若さ爆発にしり込みしないで』

 2009年の年間ベスト(邦楽)に選んでいたロロロのアルバムを久しぶりに聴いてみました。

 通勤時の駅、卒業式や海水浴、学生の飲み会、時報、市役所の呼びかけ、さお竹屋など
様々な音を収集して人々の生活を音楽で表現してみました、という感じの実験作です。

 改めて聴いてみるとすごくスカした音楽だったなぁ、と改めて実感。
ロロロファンの方々から音を収集しているのだと思うのですが、
フレッシュな若さがビシバシと叩き付けられ、
聴く時を間違えるとイライラしてしまいそうなこともありそう。

 ヒップ・ホップ、テクノ、ポップス、異なるジャンルを自然な形でミックスした音楽性は、
よりエネルギッシュに変貌しています。
今作から合唱という要素が加わっており、以後の作品でも受け継がれていくことになります。
合唱を用いているときは、「多くの人々の中の個人」、みたいなことをテーマとしているようです。

 緻密なサウンド・コラージュと1日をテーマにしたコンセプト性、機転が効いたユーモア・センス、
時々浮かび上がるシティポップ由来のメロディー。そして先述した合唱の活用。
アイディアと資質がこれでもか、とつぎ込まれており、最初はスカしているなぁ、
と感じてしまいましたがやっぱり名盤でした。

 「あー、ロロロっておしゃれさんの音楽って感じだよね。」と聴かず嫌いな方にも
入門盤としておすすめです。
(まぁそれは自分も感じていましたし、事実そういうところもあると思いますけれども)

「Tokyo」


通勤の時間、東京へ向かう電車をテーマとした扱った曲。
コラージュが入念に組み立てられており、特にリズムの凝りようが凄いです。
改めて聴いても凄い。
ヒップホップをあまり聴かない自分が中毒になるくらい凄い。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#307
「なるほど、おもろいやんけー」というのがわんわんわんの第一声。緻密に組み上げられた日常に潜む些細なフレーズのコラージュが楽しいです。
#308 Re: タイトルなし
わんわんわん様 こんにちは

コメントありがとうございます。
おっしゃる通り緻密で、
これをアルバム通してそれぞれのテーマでやっています。
機会があれば聴いてみてください。

> 「なるほど、おもろいやんけー」というのがわんわんわんの第一声。緻密に組み上げられた日常に潜む些細なフレーズのコラージュが楽しいです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する