空気公団/音街巡旅1

空気公団/音街巡旅1
2014年6月
『ファン・サービスに溢れたリ・アレンジ作、
だけれども、ちょっとお高いかな。』


 空気公団の新作が出た!のですが、タイトルは全て既発曲ばかり。
?ライヴ盤なのかな?
どうやら本作は純然たるライヴ盤ではなく、
ライヴ音源にメンバーが音を重ねる手法で制作されたとのことです。
前作『夜はそのまなざしの先に流れる』と同じ手法ですね。

 本作は、空気公団も長い活動で音楽性が変わったんだな、
と改めて実感出来たアルバムです。

 甘酸っぱさを感じさせるフォーク・ロック、ポスト・ロック・サウンドが特徴だった、
活動初期には小型ユーミンとも呼ばれたりもしていました。
メンバー二人が脱退してトリオとして再出発してから今日まで、
曲はどんどん穏やかな、室内楽的でジャジーな性質を強めていき、
夜が似合う、大人の落ち着いたアコースティック音楽へと変貌していっていると思います。
その変貌の様が、初期の作品のリ・アレンジで再確認出来るという訳です。
リ・アレンジの要は、跳ねるピアノ。
ほとんどの曲は、より純然たるピアノ・ソングへと変貌しており、
特にアニメ主題歌であった「青い花」は変化が顕著です。

 ライヴ音源にスタジオで手を加えている、とは言え生演奏の質感には拘っている様子で
臨場感は十分です。
ちょっと籠った感じがしますが、
空気公団の場合、そういう音源が過去にいくつもあったのであまり気になりません。
所々、かすれたりする女性ヴォーカル、山崎あかりには
声量不足を感じるところもあります。
しかしながら、空気公団ならではの柔らかい雰囲気を生み出しているのは
ロウなテンションを保ちつつ、切々と歌ってくれている彼女の歌声。

 森ガール(死語?)がベッドに入る前にアロマテラピーとかを炊いて、
ろうそく灯りで聴いていそうな・・・・・・
そんな睡眠導入音楽。リラックスできること間違いなし。

 尚、初回盤はコード譜付きで、
空気公団らしいモノという形にこだわったパッケージになっています。
後はシリーズもののライヴということを考慮した、
もう少しリーズナブルな価格設定にしていただければ、と思いました。

※本作はyoutube動画が見つけられませんでしたので、
音・街・巡・旅 2013のライヴ映像をどうぞ。

空気公団 2013/2/11 渋谷WWW ライブ映像「天空橋に」


ギターに山本精一が参加しています。
秒針のようなリズムが印象的。
ミニマム・ミュージック度が上がっているヴァージョンで、
本作に収録されている「天空橋に」 もこれに準じたものとなっています。

ゆらゆらとしたサイケデリック・ギターとヴォーカルが
幻想的な序盤から、徐々に波紋のように広がっていくアンサンブル。
こぼれ落ちるようなピアノが入るクライマックスで残念ながらフェイドアウトです。


もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#419 No title
空気公団はグループ名が印象的で高校の頃に興味を持ってましたが、
結局聴きじまいに終わってました。
ポスト&ミニマルな音楽をやってたんですね。
真夜中、就寝前に聴くと心地良さそうです。
この演奏、最後まで聴いてみたかった………。
#421 Re: No title
Choco16様 
再びこんばんは

> 空気公団はグループ名が印象的で高校の頃に興味を持ってましたが、
> 結局聴きじまいに終わってました。
> ポスト&ミニマルな音楽をやってたんですね。

そのころに聴いていたら、もっとほんわかした感じだったと思います。

> 真夜中、就寝前に聴くと心地良さそうです。
> この演奏、最後まで聴いてみたかった………。

この先はライヴ、もしくは本作でどうぞ、的なことでしょう!
空気公団のライヴって数少ないのでチケット取るのが大変そうですけれども。


コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する