I Am Kawehi/アルバム名無し

I Am Kawehi/アルバム名無し
2014年 アメリカ
『ハワイ出身トラックメイカーの秀逸カバー群を一挙紹介』

 ゴスペル、アカペラ、またはチベット密教音楽のような、幾重にも連なるヴォーカリーズ。
ノイジーなギター。スペーシーなシンセサイザー。
まさか、これがニルヴァーナの「Heart Shaped Box」とは・・・・・・。

 アイ・アム・カウェヒはハワイ出身、ロス在住のトラック・メイカーKawehiのプロジェクト。
2012年にデビュー・アルバムを発表して以降、
矢継ぎ早に新作をリリースし続けている制作意欲が旺盛なルーキー。
いずれの音源もバンド・キャンプから投げ銭形式で配信されています。
音源に関してライヴのプロモーションとしてしか捉えていない方針は、
正に新世代ミュージシャン。
まだまだ音楽はCDで聴くもの、
という文化が残っている日本であまり話題にならないのも納得です。
maxresdefault.jpg
 
 ジャンルとしてはダンス・ミュージック及びポップス。
マイケル・ジャクソンを始めとする80年代ポップスと、
オルタナティヴやデジタル・ロックなど現代的なロック音楽。
二つのルーツが融合しているのに加え、
スローライフを体現した緩いリズムが貫かれており、
彼女のルーツであるハワイアン魂が注入されているのがポイントです。

 最新作は今月リリースされたばかりの「Robot Heart」というアルバム。
このアルバムは現在ソールドアウト表示ですが、
恐らく出資者への優遇措置でしばらくすれば他のアルバム同様、
無料公開とデータの有料配信が再開されると思います。
彼女のオリジナル作について本日は触れませんが、
バンド・キャンプのページはこちらですので是非聴いてみてください。

 これらバンド・キャンプでの活動とは別口で進行していたのが
キック・スターター・プロジェクトへの参加です。
2012年より、支持を得るためにリクエストを募り、カバー曲を発表してきた彼女。
その一連の音源を紹介しよう、というのが本日の趣旨でした。
しかし残念ながら行数がもう無いので曲目リストの貼り付けのみで失礼します。

Criminal」  ブリトニー・スピアーズのヴァージョンはこちら
Somebody That I Used 2 Know」  ゴティエのヴァージョンはこちら
Payphone」 マルーン5のヴァージョンはこちら
Closer」  NIN(ナイン・インチ・ネイルズ)のヴァージョンはこちら
Heart Shaped Box」  ニルヴァーナのヴァージョンはこちら
Creep」  レディオヘッドのヴァージョンはこちら
Fake Plastic Trees」 レディオヘッドのヴァージョンはこちら

 せっかくなので1曲くらいはyoutube動画を貼り付けようと思います。
マイケル・ジャクソンのカバーで「The Way You Make Me Feel」をどうぞ。

オリジナル・ヴァージョンはこちら
冒頭のヒューマン・ビート・ボックスから始まるヴォーカリーズの洪水が気持ちいいです。
独創性溢れる仕上がり。そして犬のリラックス加減も必見!
選曲に関しては、マルーン5、ブリトニー・スピアーズ、そしてマイケルというポップス勢と、
レディオ・ヘッド、NIN、ニルヴァーナというロック勢が同居する、等身大なチョイス。
同世代には共感出来るラインナップでしょう。

 尚、本文でも触れましたがこれらカバー音源に関しては
キックスターター・プロジェクトを通じてしか、データを入手出来ないようです。音源化熱望。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカSSWポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#268
これはかなり面白いですね。凄く機材を使いこなしている。
テクノロジーの発展で音楽へ取り組むことのハードルがどんどん低くなってゆく反面、「音楽の多産多死」に陥りやすくなってゆく状況の昨今です。
そんな中、こんな才能を持った人がシーンに出てくると、楽しい気分になります。
隣でねてる犬の演出も秀逸。彼女もこのムービーを企画した人もタダモノではありませんね。
#269 Re: タイトルなし
わんわんわん様 こんばんは

コメントありがとうございます。

> これはかなり面白いですね。凄く機材を使いこなしている。

最初のワンフレーズは生で入れている様子なのですが、
その場でループさせて重ねていく様はかっこいいですよね。


> テクノロジーの発展で音楽へ取り組むことのハードルがどんどん低くなってゆく反面、「音楽の多産多死」に陥りやすくなってゆく状況の昨今です。

確かに定額ダウンロードのサービスを使いこなすにも、相当の情報処理能力が必要な気がします。

> そんな中、こんな才能を持った人がシーンに出てくると、楽しい気分になります。
> 隣でねてる犬の演出も秀逸。彼女もこのムービーを企画した人もタダモノではありませんね。

確かに犬の存在感が絶妙。彼女の個性をも表現していますし、大成功ですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する