GoGo Penguin/v2.0

GoGo Penguin/v2.0
2014年5月 イギリス
『耽美的でダーク。ゴシック、アンビエントも取り込んだ
新世代フュージョン・ジャズ』


 今回のCDはウルトラ・ヴァイヴから国内盤仕様でリリースされているので、最初に、
そちらの宣伝文を引用(の引用)します。

ジャズをベースにしながらも、 レディオヘッドやポーティスヘッド、マッシヴアタック
と同列のような残像を含んでいる -STV Entertainment

マンチェスターのクラブが彼等でジャンプするのは明白だ -The Guardian紙 引用ここまで。

 イギリス、マンチェスター出身のジャズ・トリオによるセカンド・アルバム。
前作はアシッド・ジャズの権威(ディスク・ジョッキー)、
ジャイルス・ピーターソンから評価を受けており、
このジャンルに於いては注目の新人と言えます。
最初に引用した文章からも伺える通り、
ピアノ・ジャズに留まらない音楽性は多くのルーツをクロスオーバーさせたもの。
ポスト・ロック、アンビエント、現代音楽、
ジャズ・ピアノ、ゴシックなど複雑な要素を融合させていながら、
奏でられる音楽は透き通っており、
歪な部分を感じさせない丸みを帯びたものとして整理されている点が素晴らしい。
ggp.jpg


 ピアノ、ドラム、ベースというピアノ・トリオ。
人力でビートを刻みループも再現するリズム隊は、正しく冷徹無比。
主役たるピアノは柔らかいタッチで粒立ちの良い透明な音色を響かせており、
リリカルなメロディーを紡いでいます。エコーも多用されて幻想的です。
奏でられる音楽は概ね、冷たく耽美的でダーク。
所々で発生するインプロヴィゼーション・パートでもクールに決めています。
その佇まいは正しく英国ジャズの伝統を受け継いだものと言えるでしょう。
ブライアン・イーノやジョン・ケージなども引き合いに出されており、
知性を感じさせる優れたインストゥルメンタル音楽としての価値も高いです。

 ペンギン、と言えば同じイギリスのペンギン・カフェ・オーケストラを思い出しますが、
こちらのペンギンも来たるべき夏の盛りに涼を運んでくれるという点に於いては、
同等の効能をもたらしてくれること間違いなし。
「Kamaloka」


 アグレッシヴなビートを正確に刻むリズム隊と、対比するように優美でクリスタルなピアノ。
ポーティスヘッドが引き合いに出されるのも納得の耽美的な世界観で、
美しい音色から得体の知れない不安感を煽られます。

 雨をイメージさせるジャケットデザインは、アルバムの性格を端的に表していて見事です。

ご好評につき、動画をもう1曲どうぞ。
「Hopopono」


こちらが本来のリーダートラックでした。
きちんとクリップが作られており、
上のアー写の元になったと思われる演奏風景も入っています。
こちらの方がセンチメンタリズムが強調されている感じ。
それにしてもウッドベースの彼の堂々たる佇まいにはリスペクト。


もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスジャズ

トラックバック一覧

コメント一覧

#240 No title
どうもですー。

これは面白いですね。生演奏のジャズなのに、何故だか凄くエレクトロニックな印象を受けました。
レディヘやポーティスヘッドが引き合いに出されるのも分かる気がします。
上品でダークな雰囲気が、聴いていて心地良いですね。
#241 Re: No title
ファラ様 
どうもですー。
コメントありがとうございます。

確かにエレクトロ要素が強いんですよね。
現在のジャズはクロスオーバーが活発で風通しが良く思えるので、
この辺りはロックのミュージシャンにも見習ってもらいたいところです。

> どうもですー。
>
> これは面白いですね。生演奏のジャズなのに、何故だか凄くエレクトロニックな印象を受けました。
> レディヘやポーティスヘッドが引き合いに出されるのも分かる気がします。
> 上品でダークな雰囲気が、聴いていて心地良いですね。
#242 No title
あぁ、これは確かに雨やなぁ。
せせこましいドラムとひたすらシンプルにシーケンスを繰り返すピアノが良い対比でとても現代的な響きですね。
#243 Re: No title
わんわんわん様 こんばんは
コメントありがとうございます。

> あぁ、これは確かに雨やなぁ。
> せせこましいドラムとひたすらシンプルにシーケンスを繰り返すピアノが良い対比でとても現代的な響きですね。

ピアノの粒がそう思わせますね。
ジャケットもそんな感じですし。
現代的な響きは、ニューウェイヴ以降の英ロックを融合させていることによるもので、
彼らの魅力の肝になっています。

好評につき(拍手5つも付くなんて久しぶり)動画追加してみました。
宜しければどうぞ。


コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する