スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

ママレイド・ラグ/So Nice

ママレイド・ラグ/So Nice
2014年 日本
『気分だけでも。箱庭トロピカル・サウンド』

 ある程度の枚数を重ねた時点で、
コンスタントにアルバムを量産しているグループやミュージシャン。
自らのアイデンティティがあり、細かな方針以外は揺るがないので固定のファンが付き、
アルバムの出来はすこぶる安定。
ママレイド・ラグもソロ体制となってから、そういう安定気流に乗っている気がします。
前作でのレビューをチェックしたところ、「ソロ時代での最高傑作」と、
自分のレビューにしては珍しい見出しを付けていました。
新譜は安心印のクオリティなので、さしたる欠点も無し、という状況なのかもしれません。


 本作は、前作より1年以上の間を開けてリリースされたスタジオ6作目です。
ポイントはママレイド・ラグこと田中拡邦がもっとも敬愛するミュージシャンの一人、
大滝詠一が亡くなってから初めてのアルバムだということ。
1曲目のタイトル「ニースに私を連れてって」からして象徴的ですが、
ニース
海を連想させるリゾート・ムードが全編から伝わる内容です。(これがリスペクトなのかは不明)
「旅の恥はかき捨て」的開放感と、「ハンモックでお昼寝」的リラックス・ムード。
アルバムは、この二つで大体出来ています。

 今回はゲストを一切呼んでおらず、全ての楽器を担当。
「ストラトをスライドで弾いています」など、
クレジットにて細かい指定が入った拘りのギターを始め、
ローズ・ピアノウーリッツァーグロッケンシュピールギロなどを演奏。
フュージョン、AORからの影響を感じさせるアンサンブルで、「外国の海」を演出。
柔らかい歌声はもちろん健在。

 前作で強調された渋みに代わり、肩の力を抜いたリラックスした空気が印象的。
今回は自身で全て担当しているので
演奏がスマートにしてスモールなことがより際立っています。
正直、ダイナミズムが足りておらず緩急のメリハリが付いていないとも感じますが、
こじんまりとした宅録感と相まって
「箱庭トロピカル・サウンド」という不思議な聴き心地を味わうことが出来ました。
楽曲の質も相変わらず安定しています。やはり安心印。

 とは言え、わがままなファンとしてはそろそろバンド録音が恋しくなってきました。
今回の楽曲が初期を彷彿させることもあり、
頭の中でバンドならこうなるはずだという妄想が止まりません。
プロデュースを外部の方(村田和人氏などどうでしょう)
に託すだけでも変わってくる気がするのですが・・・・・・。
完全に完成された音楽性なのにケチを付けるという所業。
しかも一人体制だからこそ、コンスタントに新しい作品を発表出来ているだろう、
と分かっていての苦言。
まことに申し訳ありません。

 海に出かける予定など久しく立てておりません。
しかしこれから夏に掛けて、このCDで浮ついた気分だけでも楽しもうと思います。
次のアルバムも楽しみだ!

「ママレイド ラグ 6th ニュー・アルバム "So Nice" 予告編 」

アルバムの予告編。雰囲気を申し分なく伝えてくれます。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本SSWポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。