スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

どんと/ごまの世界

どんと/ごまの世界
1995年 日本
『お盆の歌を考える。』
 あんまり歌詞に執着していない自分ですが、少しは情緒があってもいいのではないか。
ということで、今月から毎月1曲、時節歌を提案していきたいと思います。

 7月の行事をパラパラ見つつ・・・・・・七夕、お盆か。今月のテーマはお盆に決定。
とは言え、高田渡の告別式他、有名なものしか思い浮かばず選考はどん詰まり。
苦労の末選び出したのは・・・・・・どんとです。

 1995年ボ・ガンボス脱退後、沖縄に移住してソロ活動を開始。
本作はその第一弾アルバムです。
コネクションを全て断ち切り、演奏から販売まですべてを自身で行っています。
弾き語りを主体とした荒削りで、隙間の多い演奏が印象的。
沖縄という土地に移ったことで、元来持っていた死生観を刺激されたのか、
本作にはそういうテーマの曲が多いです。

「心の中の友だち」
 そんな中でも「お盆」というテーマであればこの曲でしょう。
生きていても死んでいてももう一度集まって、と歌っており、主旨にもぴったり。
ボ・ガンボス時代とは異なる、リラックスして少し震える歌声。
幻想的なキーボード。グルグルと回るアンサンブルは強力なインパクトです。
 寂しさを隠さず理想を歌っており、どんとのあつい情を感じます。
youtube動画が無かったので貼れませんが、機会があれば聴いていただきたい曲です。
他、「昔むかし」、「夢の島」辺りもお盆ソングとしておすすめ。

ということで本作からyoutube動画が見つからなかったので
おまけとしてボガンボスの名曲をどうぞ。

「夢の中」

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本SSWロック

トラックバック一覧

コメント一覧

#274 No title
GAOHEWGII様、こんにちは。

どんと、懐かしいですね。彼の音楽に詳しくはないのですが、
特別なオーラを持った人でした。

何年か忘れましたが、中野サンプラザの2階通路際の席でラモーンズを
見ていたら、ライヴ途中でどんとが自分の横の通路に来てずっと隣で
ライヴを見ていきました。ステージの上の人達も、自分の横に居た人も
すでにこの世にはいないのですね。
#275 Re: No title
ハリー様 こんにちは

>ライヴ途中でどんとが自分の横の通路に来てずっと隣で
ライヴを見ていきました。

へぇー、ラモーンズが好きなんですね。
この間はボビーウーマックの訃報も届きましたし、これからはどんどん
自分の好きなミュージシャンの死を見届けることになるのでしょう。


> GAOHEWGII様、こんにちは。
>
> どんと、懐かしいですね。彼の音楽に詳しくはないのですが、
> 特別なオーラを持った人でした。
>
> 何年か忘れましたが、中野サンプラザの2階通路際の席でラモーンズを
> 見ていたら、ライヴ途中でどんとが自分の横の通路に来てずっと隣で
> ライヴを見ていきました。ステージの上の人達も、自分の横に居た人も
> すでにこの世にはいないのですね。
#278 No title
こんにちは。
どんとはローザ時代からずっと好きでしたが、ボ・ガンボス時代が一番夢中でライヴも行ってましたよ。カラオケに「さかなごっこ」があればいつも歌います。
YouTubeで色々見られるのは嬉しいですね。
#279 Re: No title
yuccalina様 こんばんは

どんとファンでしたか、何よりです。
youtubeはライヴ音源などが豊富ですから
音楽ファンとしてはありがたいですね。

> こんにちは。
> どんとはローザ時代からずっと好きでしたが、ボ・ガンボス時代が一番夢中でライヴも行ってましたよ。カラオケに「さかなごっこ」があればいつも歌います。
> YouTubeで色々見られるのは嬉しいですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。