HAPPLE/ドラマは続く

HAPPLE/ドラマは続く
2013年5月 日本
『グリングリン捏ねた、力作ポップソング集』

 いなかやろうというグループが好きでした。
このHAPPLEは、いなかやろうの発展グループとのことです。

 ヒップホップにも通じる字余り棒読みヴォーカル、強引な転調
オルタナティヴからメタル要素を抜いてポップスを増量したような音楽性が
特徴だった、いなかやろう。
荒削りな感じとアンダーグラウンドな雰囲気が素晴らしかったです。

 対して、HAPPLEは女性二人を含むトリオ編成。かなりおしゃれな佇まい。
シンセサイザーたっぷり、ソウルフルで都会的な楽曲群とシティ・ポップ度が高いです。
一方で、随所に字余り棒読みヴォーカルと、
強引な転調といった前身グループの特徴が残っていることも随所で確認できました。
スタジオであーでもない、こーでもない、と弄った苦労の跡が伺えます。

 鍵盤入りのトリオに、管弦楽をゲストに迎えた演奏は、鮮やかでキッチリ。
ゲストの効果か、トリオとは思えない厚みのあるアンサンブルです。
女性二人がいるためか、とてもほんわかとした音楽に仕上がっています。
土岐佳裕による、センチメンタルな歌声も魅力的。

 楽曲はソウル、ビートルズ、トッド・ラングレン、XTCなどの影響を感じる
捻りの効いたものばかり。
ズバッと来る決め曲こそ無いものの、繰り返し聴いて馴染んできそうな良曲が並んでいます。

「サーカス」


ブラスが入った、朗らかポップ・ナンバー。
サーカスの楽しさが伝わってくる・・・・・・
いや、このバンドの楽しさが伝わってくる音楽と映像です。
いーなー。
HAPPLEいーなー。
「サーカス」が終わると寂しい。そんなラスト・ナンバー。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#326 No title
初めて聴きましたがこのポップ感いいですね。
アレンジもおしゃれでステキです。

もっと複雑に出来るんだけどあえてこのくらいで抑えた、感がいいです。
#327 Re: No title
面白半分様 こんばんは

コメントありがとうございます。

気に入っていただけて自分もうれしいです。

> 初めて聴きましたがこのポップ感いいですね。
> アレンジもおしゃれでステキです。
>
> もっと複雑に出来るんだけどあえてこのくらいで抑えた、感がいいです。

そうですね、ポップマニアの作った音楽と言う感じなのですが、
塩梅は抑えているんでしょうね。前身グループよりもまとまっている感じがします。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する