GREAT 3/愛の関係

GREAT 3/愛の関係
2014年3月 日本
『黄昏ソウル・フィーリングを注入』

 自分たちのスタイルである、オルタナティヴ・ロック・サウンドの健在をアピールするとともに、
新加入のベーシスト、janが作曲でも貢献することで新鮮な魅力も提示した再結成グレイト3。
本作はそんな彼らの第二弾アルバムです。

 キャッチーな曲を要所に配して、ロック度も高かった前作に比べると
落ち着いた作風。

 甘いメロディー、引き締まったグルーヴに加え、
ダンサフルなビートを大胆に導入しているのが特徴。
元々持っていた要素ですが今作では際立っています。
昨今、流行しているエレクトロ・ミュージック・シーン(の80年代回帰)
に触発されたのかもしれません。
もちろん、トリオならではのシンプル且つ荒々しいアンサンブルも健在。
それらを三者三様の持ち味を持った歌声で鮮やかに彩っています。
一部ではヴォーカル・エフェクトが掛かる曲もあり。

 血肉として馴染んでいる音楽ルーツと、
現在の音楽から受ける刺激を合わせて生まれた音楽。
そう感じる深みがあります。
内省的でベテランならではの洗練を感じさせるアルバム。
派手でキャッチーな曲が見当たらないですが、
その分長く付き合えるアルバムだと思います。

 あまり欠点も見当たりませんが、
敢えて言うなら若干収録時間が長いと感じました。
落ち着いたナンバーが続くこともあり、結果として後半の数曲がちょっとダレてしまいます。
とは言え、若者ほどの集中力が持続しないおっさんの意見です。
そこらのルーキーとは違う、レベルの違いを見せつけてくれました。

「愛の関係」


ダンサフルなロック・ナンバー。

ダフト・パンクの新作にも通じる曲ですが、
ダイナミック且つダンサフルな方向により振り切っているあちらに比べて
こちらはコンパクトであり、グッと内省的。
どことなダークで気怠げな雰囲気が残っており
それがとても心地よいです。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する