Peter & Gordon/Peter & Gordon

Peter & Gordon/Peter & Gordon
1965年 イギリス

『英ビート時代を代表するハーモニー・デュオ』

ゴードン・ウォラーの記事をこの間(公開日は同じですが)書いたので、
今回はピーター&ゴードンを取り上げます。

パブリック・スクール(おぼっちゃま学校)で出会った二人が結成したデュオ、ピーター&ゴードン。
ピーター・アッシャーは、妹がポール・マッカートニーと付き合っているというコネクションを生かし、
楽曲を提供してもらいます。

貰った楽曲「A World Without Love」(当時は変名名義)は全英1位の大ヒット。
その後もマッカートニー提供曲を次々にリリース。一気に人気グループへと上り詰めました。

その後の歩みについては上のリンクからご確認いただくとして曲をどうぞ。

「A World Without Love」



二人のハーモニーの素晴らしさが印象的なポップ・ソング。
ポールらしいメロディアスな楽曲ですね。

「Nobody I Know」




こちらもマッカートニー提供曲。彼らはアメリカでも人気を博していたのですが、
さもありなん、サイモン&ガーファンクルの如き爽やかなハーモニーです。
素朴なアコギでハーモニーを際立たせているのもポイント。

紹介した曲は去年再発された1stに両方とも入っています。

敢えてリンクは貼りませんが、
「未発表のビートルズヴァージョンだぜ」という怪しい音源を
YOUTUBEで見つけました。

これが本物なのかどうかは分かりません(それくらい「ぽい」)が、
モヤモヤしますから聴かない方がいいかも。
・・・・と書くと気になる、それが人間。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスビートビートルズ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する