スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

砂場/ひとりきりでうたううた

砂場/ひとりきりでうたううた
2012年 日本
『自主盤を聴く 第1回』

 70年代や80年代に比べれば、
誰もがミュージシャンになれるようになった今日この頃。
一方でレコード会社が流通に載せることが出来るパイの数は限られています。
そんな時代だからこそ、
一般流通に乗らない自主制作盤にもいい作品が埋もれていたりするのです。

 自主盤は入手ルートが限られているのですが、
まず正攻法と言えるのがミュージシャンとの直取引。これでしょう。
メールからして気を使います。
あなたの音楽にこんな感じで出会って楽しんでいます、的なことから始まり
今後のご活躍云々・・・・・・そんなコミュニケーションも楽しかったりします。
しかし、聴きっぱなしにしていたな、と反省。
せっかく音楽ブログも始めたことですし、自主盤のレビューを始めたいと思います。
尚、本シリーズの記事は、対象を国内インディーズに限らせていただきます。
さすがに洋楽インディーズの自主盤は直取引出来るコミュニケーション能力がありません。

 第一回は砂場。(検索泣かせな名前です)
長野出身。福岡、東京と
メンバーが離れた状態で活動しているトリオ編成のバンド。
昭和フォーク、歌謡曲を彷彿とさせる人情味あるメロディーを
ノイジーなギターが特徴的な
叙情的なロック・サウンドで聴かせてくれます。
アンサンブルの質感はオルタナティブ・ロックの影響が強いです。

本作は2012年にリリースされた2ndミニアルバム。
バンドの状態が上記の通り、遠距離交際中につき不安定。
そのような状況下で、ミヤザキヤツキが作った
弾き語りナンバーを福岡周辺のサポート・ミュージシャン
の助力により完成させたアルバムです。
バンド・メンバーも、もちろん参加していますが、
全員揃っているのは2曲だけとなっています。

※と、昨日書いたのですが、先ほど宮崎さんよりメールを頂き、
「砂場の二曲以外のレコーディングメンバーは福岡でなくて、
名古屋の友人たちでした。」との情報をいただきました。
テキトーに書いてしまい申し訳ありません。
以上、訂正でした。


 購入時、宮崎さんとのメールのやり取りに於いて
「今回のアルバムは、完全なバンド体制では無いので
期待しているものと違うかもしれませんが楽しんでもらえれば・・・」
とのメッセージを頂きましたが、その通り1,2曲目以外は
アコースティック・ナンバーで構成されています。

 そのアコースティック楽曲ですが、
元々あったフォーク、歌謡曲の素養が前面に出ています。
爆音ギターがない分、哀愁味ある「きれいなしゃがれ声」が
よりくっきりと存在感を発揮。
素朴で穏やかな味わいです。華を添えている女性コーラスもポイント。

通信販売はこちらのメール・フォームからどうぞ。
通信販売取り扱いショップのリンクもあり。

「ひとりきりでうたううた」


ライヴで長い間練ってきたと思しき、タイトル曲。
この曲は先述通り、バンド演奏による録音がされています。
アコースティック曲も個人的には楽しめたのですが、
やはりこの形態こそが本領。
叙情的で暗いバンド・アンサンブルと情感が籠ったヴォーカルによる、
情熱的なロック・サウンド。
日本の音楽の伝統を感じます。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。