TUOMO/My Thing

TUOMO/My Thing
2007年 フィンランド
『北欧発ブルー・アイド・ソウル』

 英米の音楽文化を吸収し、自由に融合させるのに長けている北欧地域。
オルガンを用いたヴィンテージ・ハード・ロックや、
ヴィンテージ・ソウルなどの70年代懐古も盛んに行われています。
 
 TUOMOもそんなミュージシャンの一人。本作は、元々はジャズ・ピアニストであった彼が
本業を離れて趣味世界を楽しむためにリリースしたソロ第一作となります。

 スティーヴィー・ワンダーやモータウン諸作をルーツとした70年代ソウル・サウンドを
モダンなサウンドとアレンジで蘇らせている、というのが彼のアンデンティティ。
ソウルフルでありながら爽やかなヴォーカルは、押しが強くないです。
その分、バックの演奏、特にストリングスとの相性が良く心地よいグルーヴを生み出しています。

 モータウンらしいゴージャスな演奏を意識しつつも、
スピード感とコンパクトさは90年代以降のもの。
洗練されており、且つ北欧らしい涼しさ(ピアニストだけに、シンセの使い方が違う)
と開放感が感じられるのもポイント。
この辺りはブルーアイドソウルらしい魅力を醸し出すのに貢献しています。

 ディープな方向へと向かわずにキャッチーであることに拘った楽曲が揃っており、
作曲面でのサービス精神を伺わせます。
ソウル作でありながら、ポップスとして聴ける軽妙さがあるアルバム。

うーむ、
ハンモックが欲しくなるな! 

「Don't Take It Too Hard」



モータウン度が特に高いパーティー・ナンバー。
ちょっとスライっぽい高揚感があるのがミソ。
この辺りの混ぜ方が絶妙です。
女性コーラス、ストリングスと分厚いながらも
音はスッキリとまとめており、とても軽快な聴き心地。

中盤の透明感あるキーボード・ソロはジャジーで、
さすが本職。面目躍如。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ フィンランドソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する