the KINKS/Autamn Almanac

the KINKS/Autamn Almanac
1967年 イギリス

『秋を取り戻せ』
寒い。
寝るときは、ふとんを4枚掛けている。
おかしいな。
2枚(夏)から4枚(冬)の間はあったのか?

今年の紅葉はきれいらしい。
地球温暖化だからなのか、はたまた小氷河期のせいなのか。

秋が超特急で過ぎてしまいましたね。

今年は栗も食べ損ねた、そんな自分が
秋気分をおかわりするために1曲ごしょうかいしましょう。

その前にストーブ付けないとな・・・良し。

やはり真っ先に思い浮かぶのはこの曲。
キンクスがアルバム『Something Else』完成前にリリースしたシングル曲「Autamn Almanac」。
The-Kinks-Autumn-Almanac1.jpg




Friday evenings, people get together
Hiding from the weather, tea and toasted
Buttered currant buns, can't compensate
For lack of sun because the summer's all gone

La la la la, oh my poor rheumatic back
Yes, yes, yes, it's my autumn almanac
La la la la, oh my autumn almanac
Yes, yes, yes, it's my autumn almanac

金曜の夜、ひどい雨から逃げた人々が集まってくる
焼きあがったぶどうパンと紅茶では
お日様が出ないことの慰めにはならない。
夏は終わった。

ああ、リュウマチの痛みが戻ってきた。
それだって、私の秋の季節。
(以上 一部歌詞抜粋)

労働階級の歌を歌うのが大好きなレイ・デイヴィス。(それも斜めの目線から)
この曲は庭師の男についての歌のようです。
季節の変わり目に痛むところがある人には、
共感できる歌なのではないでしょうか。

秋への感傷とは違う意味で黄昏てしまいましたが、それもよし。
日本はイギリスよりもたくさん晴れるし、恵まれていますね。
いやぁ、寒くなるのが早いとか文句言っている場合じゃないな。

しかし寒い、風呂上りにまた靴下を履く自分でありました。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスビート

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する