BLACK SABBATH/Sabbath Bloody Sabbath

BLACK SABBATH/Sabbath Bloody Sabbath
1973年 イギリス

『隙間って大事なんだな』

 昔、音楽の先生が「年を取ってくると穏やかな音楽を好むようになる」、
と話していたのを思い出しました。
自分はどうかというと、どうやらそんなことは無いみたいです。
まだまだメタルの新譜もチェック出来ます。(ちょっとアンテナの貼り方は鈍いですけれど)
しかし最近は隙間を大切にしないバンドが多いのではないか、って思うのです。

 という訳で、本日は元祖ヘヴィ・メタルことブラック・サバスを聴いて
隙間って大事なんだな。
と再認識しようと思います。

 本日取り上げるのは5作目に当たる『Sabbath Bloody Sabbath』。
ヘヴィ・リフとオジーのヴォーカルによって個性を確立したグループ、ブラックサバス。
本作リリース時の73年当時にはイギリスでの人気を固めており、
アメリカ進出を目論んでいました。
メロディーはより分かりやすくなっており、キーボードを大胆に導入した洗練されたサウンドが特徴です。
そのキーボードに、(ちょっとだけ)ゲストとしてリック・ウェイクマンが参加していることもポイント。

 ハッタリを効かせつつインパクト抜群のギター・リフ、ザクザクのベース、
のっぺりとしたヴォーカルによる安定感抜群のアンサンブル。
そして華やかに彩るシンセサイザー。

激情と叙情の変動がダイナミックな楽曲が並んでおり、とにかく派手。
しかし音はすっきりとまとまっており詰め込みすぎてはいない。
主役をはっきりとさせているアンサンブルです。
先ほどから全く触れていない、控えめなドラムの姿勢も
心地よい隙間を作っている一因だと思います。
こんなにもヘヴィにグルーヴしているのに、
聴き疲れをしません。

やっぱり隙間って大事だなぁ。
「Sabbra Cadabra」
 

アルバム中でも最もキャッチーなギター・リフを持つ曲。
ライトなグルーヴ感もアルバムを象徴しています。
2分過ぎの転調からドラマティックさが加わり、怒涛の展開で一気に聴かせてくれます。
リック・ウェイクマンのキーボードは4分過ぎの終盤でやっと目立ってくる感じ。
主役を分担しているのが分かります。

本作でのライト&キャッチー路線を推し進めた結果、
ダークなムードが薄れてバンドは行き詰まりオジー脱退へと繋がります。
しかし本作では、従来の個性とのバランスも取れています。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスHR/HM

トラックバック一覧

コメント一覧

#177 No title
GAOHEWGⅡさん、こんばんは。
先生のおしゃるように、年を重ねるとともに穏やかな音楽を好む傾向はやっぱりあるとは思います。
僕なんかも普段はおとなしいもんです。
でも、いざというときはやっぱりダメですねー。
激しい方が癒やされることも多々あります(笑)。

隙間、大事ですねー。
#178 No title
こんばんわ
サバスは私は真面目に聴いたのが25歳を過ぎてからでした。
新譜として出ていたのはHEADLESS CROSSから聴いていましたが。
でも、多分たまたま偶然、その頃にグランジの連中からもてはやされるようになって復活し、一時のものかと思ったらそのままの位置で定着したのが興味深いです。
まあ、ありきたりだけど、いいものはいつまでも残るのでしょうね。
#179 Re: No title
goldenblue様 こんばんは コメントありがとうございます。

やっぱり傾向はありますか。
最新記事でハナレグミを上げていたgoldenblueさんの言葉には
説得力がありますね!

まぁ適材適所ってことでいいんじゃないかと。

> GAOHEWGⅡさん、こんばんは。
> 先生のおしゃるように、年を重ねるとともに穏やかな音楽を好む傾向はやっぱりあるとは思います。
> 僕なんかも普段はおとなしいもんです。
> でも、いざというときはやっぱりダメですねー。
> 激しい方が癒やされることも多々あります(笑)。
>
> 隙間、大事ですねー。
#180 Re: No title
guitarbird様 こんばんは コメントありがとうございます。

自分はタイムリーでは『Dehumanizer』が初遭遇だったので、
あんまり恵まれてはいません。

HEADLESS CROSSの頃はいいアルバムですよね。
あとの展開を思うとコージー・パウエルはともかく、
トニー・マーティンがかわいそうすぎましたが。

> こんばんわ
> サバスは私は真面目に聴いたのが25歳を過ぎてからでした。
> 新譜として出ていたのはHEADLESS CROSSから聴いていましたが。
> でも、多分たまたま偶然、その頃にグランジの連中からもてはやされるようになって復活し、一時のものかと思ったらそのままの位置で定着したのが興味深いです。
> まあ、ありきたりだけど、いいものはいつまでも残るのでしょうね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する