Pete Roe1曲解説③「Creeper's Call」

Pete Roe1曲解説③「Creeper's Call」

今月もやって来ました、(というよりも光陰矢の如しに驚きを隠せない)
ピート・ロウ応援企画です。

今回は3曲目「Creeper's Call」。



お気づきかもしれませんが、実はこの曲は
最初にピート・ロウを取り上げた記事で推した曲です。
あの時は教会でのライヴ映像だったのですが、
今回は違うものを紹介しています。

ソマーフェストの小屋からの歌、と題されています。
最初の数秒、女の子が犬と戯れる動画がちょこっと挿入。
これが(あざとさも感じつつ)ほのぼのとしたイギリスらしい情景で素晴らしいです。

弾き語りですね。
2012年なのでアルバム・リリース前の映像ということになります。
ちなみにアルバム・ヴァージョンも弾き語りのみなので
こちらのヴァージョンの方がアルバムに忠実です。
こういう格好見ると、「あー、ボブ・ディラン好きなんだね」って分かります。
自分の友人を思い出しました。

アルバムに比べると溜めが足りない印象ですが(30秒ほど短い)
初々しい感じでいいと思います。

この曲はいくつもの映像が残っており、代表曲と言っていいでしょう。
いいバラードです。(・・・前回紹介しているので淡白ですがお許しを)

他の曲の解説はこちら




もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスSSWフォークピートロウ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する