FC2ブログ

MANFRED MANN/RADIO DAYS VOL 2 THE MIKE D’ABO ERA LIVE AT THE BBC 66-69

MANFRED MANN/RADIO DAYS VOL 2 THE MIKE D’ABO ERA LIVE AT THE BBC 66-69
1960年代 イギリス
『マイク・ダボの未発表曲もあり』

 マンフレッド・マンのキャリアを年代毎にまとめたBBC発掘音源シリーズの一つ。他に初期モッズ時代、チャプタースリー時代、アースバンド時代でそれぞれリリースされています。直輸入盤仕様ながら日本語の解説付きでリリースしてくれています。各楽曲の詳細なクレジットが記されており、よりアルバムが楽しめるので、ユニオンから出ている直輸入盤帯ライナー仕様が推奨です。ありがとう!

 2枚組3500円税別という金額は妥当ながら、さすがにまとめ買いは出来なかったので、まずは作曲陣が充実していたマイク・ダボ在籍期のアルバムをチョイスしました。
1007877672.jpg

 オリジナル・アルバムには未収録のカバーや未発表曲が多く、収録されており、聴き応えのある内容。ハイライトとしてはまず「Handbags And Gladrags」のマンフレッド・マン・ヴァージョン。ソロの音源よりも泥臭いところがポイントです。更にマイク・ダボの未発表曲として1曲だけですが「Sentimental Sunday」を収録。後のソロ作に通じるメロウなピアノ・バラードです。ピアノ弾き語り楽曲なのでバンドの音源というよりは完全にソロ音源ですが、これは必聴の素晴らしさ。他、マイク・ダボ楽曲のマンフレッド・マン名義録音がいくつかあり。また、もう一人のメイン作曲担当であるマイク・ハグの未発表曲は「So Long」「Clair」と2曲収録。アンニュイなサイケデリック・ポップ「Clair」は名曲と紹介されていますが、確かに素晴らしい出来栄え。

BBCものにありがちな「DJうるさい問題」はあるものの(インタビューもあり)、ファンの好奇心を大いに満足させてくれるアルバムです。

Manfred Mann - Handbags And Gladrags (with Mike d` Abo)


もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する