FC2ブログ

VINTAGE TROUBLE/CHAPTER II-EPII

VINTAGE TROUBLE/CHAPTER II-EPII
2019年 アメリカ
『新チャプターはソウル道一本』

 ソウル、ロックンロール・バンド、ヴィンテージ・トラブルの新作。前作で物量的に物足りない旨を書いたのですが、素早いリリース攻勢を仕掛けてくれており、その不満は解消されました。
61BihUFx9q.jpg

 EPIIIがあるのかは分かりませんが、正直、お財布に優しくない感じがあり。

 新曲5曲を収めたディスク1、ライブ音源5曲を収録したディスク2という2枚組です。ヴァージョン違いで2枚組であった前作とは少し違います。

 まずディスク1。この間の来日で披露されていたためか、聞き覚えのある曲もチラホラ。甘さ、大団円なムードが強調されたソウル・ミュージックが並んでいます。このディスク1だけで考えると、もはやロックンロール・バンドという看板は背負えない内容。柔らかいファルセット・ヴォイスが映えており、ダニー・ハサウェイ度が急上昇。キーボード奏者がメンバーとしてクレジットされており(良かったですね!)、これまで以上にキラキラとしたデジタルなサウンドが印象的です。

 ディスク2のライブは5曲という物量もさることながら、複数会場の寄せ集めなので、あくまでもダイジェストであり、おまけ楽曲という感じ。新しいチャプターに入った、ということを思い知らされるムーディーなライブ内容。ヘヴィな「Knock Me Out」がギアチェンジの役割を果たしているのですが、次の曲が「Come Together」(ビートルズ・カバー)。ここでファスト・チューンが来ていれば、というところ。ただ、「Come Together」のカバーは新鮮。重量感を増したアレンジでパワフルに仕上がっています。最後、アルペジオで締めるところもナイス。百戦錬磨の経験を活かして、もっと色々なカバーをやってほしい。

Don't Stop Forever




もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する