FC2ブログ

VINTAGE TROUBLE/CHAPTER II-EP1

VINTAGE TROUBLE/CHAPTER II-EP1
2018年 アメリカ
『次のライブはムーディな時間が増えそう』

 来週(2019年4/15)には来日ライブに行く予定であるヴィンテージ・トラブル。ここ数年はライブ活動を中心にしており、音源の発表はデジタルでのシングルのみという状況でした。今回の来日では同時に新作のリリースもアナウンスされていたので「それならば」と再びチケットを取ってしまいました。毎度毎度、ズブズブとハマってしまっているようです。
61BihUFx9qL__SX355_.jpg

 さて新作の内容について。今回はEPとのことで5曲の新曲をバンド・サウンドとアコースティック・サウンドで収録。2枚組となっています。買う前から分かっていたことですが、この物量では物足りません。飢えは満たされない、というのが正直な所。

 中身は、かなりキャッチーな仕上がり。ダンサフル且つオーセンティックなロック曲③④辺りは、ザ・アメリカン・ロックという感じで、これまでとは一線を画す雰囲気です。もちろん彼らならではの黒さは健在ですが、洗練の度合いを増しており、完全にニュー・ソウル仕様。英ロック的なファースト、落ち着いたセカンド、と来て次は跳ねたロック作を期待していたのですが、どうやらそこには当分、戻らなそうな雰囲気です。

帯には「ステージのスピリットをスタジオの環境にシームレスに変換することを目指したのだ」とあるのですが、あの凄まじい圧力と本作のスッキリとしたクリーンなサウンドでは比べ物になりません。ただ、これらの楽曲がライブで、どのように変貌するのだろう、と考えると期待は膨らみます。来日記念盤としての役割は十分果たしている内容。

例えば、新曲を8曲くらい用意して、ライブ会場で披露。それをライブ盤として発売すれば、それが最高傑作になるのではないでしょうか。いや、新曲じゃなくてもいいから、ライブ盤が欲しい。

Do Me Right


このくらいポップだと、和やかにライブも進行しそうですが、果たして・・・・・・
熱狂の渦に巻き込まれたい気持ちと、
自分を含む若くないロック・ファンの安全を考える気持ちで揺れ動いております。

次回は4月17日に更新したいです!
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカソウルロック

トラックバック一覧

コメント一覧

#958 No title
ジェシー芝池さん、こんにちは。

16日の名古屋公演に行ってまいりました!(日本公演が終了するまでブログのアップは控えておりました)

>飢えは満たされない
>当分、戻らなそうな雰囲気
>ライブ盤が欲しい

まさにその通り。自分も全く同感です。

ライヴは充分に楽しみました。でも「こんなものなのか」「いや、もっと凄いだろ」という自問自答も常に付いてまわる感じ。この4年間にすべきだったことはデジタルリリースとか、EPなんかでなく、フィジカルなフル・アルバムか、熱狂を閉じ込めたライヴ盤を出すことだったんではないかという…。このバンドにはつい”もっと”を求めてしまいますねー。
#959 Re: No title
ハリーさん こんにちは

お互い、楽しかったですね。
>「いや、もっと凄いだろ」
結局、こちらの幻想を押し付けている部分があるのだとは分かっているのですが・・・
これはありますよね。

新作について「飢えは満たされない」と書きましたが、
ライブに関しては、さほど飢えていないところにまた来日してくれた、
という感じがしていて、それが今回の公演のほのぼのとした雰囲気にもつながったのかな、と考えます。
僕も感想を今日、書いてみたのでよかったら読んでみてください。

> ジェシー芝池さん、こんにちは。
>
> 16日の名古屋公演に行ってまいりました!(日本公演が終了するまでブログのアップは控えておりました)
>
> >飢えは満たされない
> >当分、戻らなそうな雰囲気
> >ライブ盤が欲しい
>
> まさにその通り。自分も全く同感です。
>
> ライヴは充分に楽しみました。でも「こんなものなのか」「いや、もっと凄いだろ」という自問自答も常に付いてまわる感じ。この4年間にすべきだったことはデジタルリリースとか、EPなんかでなく、フィジカルなフル・アルバムか、熱狂を閉じ込めたライヴ盤を出すことだったんではないかという…。このバンドにはつい”もっと”を求めてしまいますねー。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する