FC2ブログ

『パイロット目線のシーンをアトラクションとして楽しめれば』

『パイロット目線のシーンをアトラクションとして楽しめれば』
「ファーストマン」2018年 アメリカ
320.jpg

 「月に着陸する、って結末が分かっているのに見る意味あるの?」と、前回登場した同僚は言うのです。「何を言っているのだ!それを面白くするのがチャゼル監督だよ。」と返したわけですが、さて結果は。

 ストーリーは史実をなぞる形で進行されている為、驚きはありません。娘を亡くした悲しみを背負って、宇宙飛行士として任務に取り組み、やがて月に着陸。誇張はせず淡々としているので地味な内容です。しかしながらGを感じると錯覚するほど、迫力のある宇宙船内の映像は凄い。パイロットの目線で写されるので、物語にのめり込めます。仕事に打ち込み、自分を追い詰めていく姿は同監督作品「セッション」に通じる、緊迫感を観衆に強いる。その上で、同僚のパイロットの事故死が丁寧に描かれる2時間越えの作品だった為、深夜の残業明けで朝イチ鑑賞をした自分は体力が足りなかったのか、後半の一部で力尽きて寝てしまいました。尚、彼の作品では重要な要素であった劇中音楽ですが、今回は控えめな印象。轟音が主役ですし。ボブ・ディランの「くよくよするなよ」が印象的だったくらいかな。

 今回行った映画館では4DXでの上映も行っていました。鑑賞前は「怪獣映画でもアクションでも無いし」と、その効果に疑問を持っていたのですが、今となっては宇宙船の迫力を存分に味わうには4DXが適しているのではないか、という気がしています。
 
「セッション」「ラ・ラ・ランド」で体験した高揚感は無し。先述の同僚には薦められない。期待値を下回ったけれども、チャゼル監督らしさは感じられた。休日なのに、この疲労感はどういうことだ。などと言いつつ、次回作はまた見たいです。

評価:☆☆ 眠気に負けた
上映時間内睡眠時間:5分
関連するタグ 映画感想

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する