FC2ブログ

J.S.バッハ 管弦楽組曲第2・3番 ブランデンブルク協奏曲第5番 リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団

J.S.バッハ 管弦楽組曲第2・3番 ブランデンブルク協奏曲第5番
リヒター指揮 ミュンヘン・バッハ管弦楽団
1960年代 ドイツ
『バッハはおめでたい』

 バッハの管弦楽組曲を聴こう、ということで名演と名高い本作を選択しました。素晴らしい内容が保証されているのにも関わらず、1000円という低価格がうれしい。
UCCG-5031_xXj_extralarge_jpg.png

 通常、作曲家や指揮者についての紹介記事を交えますが、今回はバッハ、リヒター共にお馴染みの大物と言えるので省略致します。管弦楽組曲第2・3番の感想について書いていきたいと思います。

●管弦楽組曲第2番
全7曲の構成。フルートのソロパート、及びチェンバロの導入が特色とのこと。弦楽合奏による壮麗なメロディーと、フルート独奏によるほのぼのとした優しいメロディーの対比が鮮やかです。華やかさと軽やかさが同居するスタイルはバッハの王道と言えるものでしょう。結婚式の待合室にいるかのような錯覚に陥る、エレガントさ。年末の大掃除の際には、この曲をBGMにしようか。

●管弦楽組曲第3番
 ピアノ・アレンジで生まれ変わった「G線上のアリア」の原型である第2曲「エア」を含んでいる有名組曲。トランペット3菅、ティンパニなど、第2番と比べると分厚いオーケストラが楽しめます。正直に言うと、第2番を聴き終えた後、第3番の序曲でドカンと派手にやられた時には、「俺は今お腹いっぱいだ!」と胃もたれを実感していました。バッハの序曲は派手さが命だから、仕方ありません。それを救ったのはやはり第2曲「エア」の美しい弦楽合奏の調べ。先ほどは、本作を年末の大掃除のBGMに、などと申しましたが、この曲が流れて来た時には中断して、冷蔵庫から羊羹を出して来るビジョンが浮かびました。この曲以降は、軽やかな楽曲が最終の5曲目まで続きます。

管弦楽組曲第2番 リヒター指揮 1961年

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ ドイツクラシック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する