FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Hatchet/Dying to Exist

Hatchet/Dying to Exist
2018年 アメリカ
『ライブが見たくなってくる懐古スラッシュのツワモノ』

 ベイエリア・スラッシュが好きだった。ほどほどに、といった程度で。テスタメントやエクソダス、ヒーゼン、フォビドゥンなどの有名バンドで首を振っていた思い出が唐突に蘇った。

 サンフランシスコ近郊育ち、現在はカルフォルニアを拠点に活動しているスラッシュ・メタル・バンド、ハチェットの4枚目。メンバーの面々はベイエリア・スラッシュからの影響を強く受けたとのことです。
591a0b2eefc567be887323e58b49a386.png

 ザクザクカクカクとした尖ったギターリフ、金切り声のヴォーカル、マシンガンのように前のめりのリズム隊、野太いコーラス、目まぐるしく変化していく曲調とベイエリア・スラッシュのお手本のような音楽をやっています。途中でドラマティックな泣きのギター・ソロが入ったりして、静パートを挟み込む冷静さもポイント。ひたすら「教え」を守っている印象があり、個性という点では食い足りませんが、求めているファンにとっては期待通りのサウンドでしょう。80年代から90年代に掛けて、西新宿のメタル専門店でスラッシュ・メタルの知られざる名作を求めて、有象無象の輸入盤に手を出していたマニアならば、絶対に気に入るはず。

Silent Genocide

「Final Sanctuary」という曲も気になった(曲名的に)のですが、こちらをチョイスです。当然ですが全くサイレントではありません。

ライブ凄そうです。来日とかしているのかな?

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカHR/HM

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。