FC2ブログ

Marem Ladson/ Marem Ladson

Marem Ladson/ Marem Ladson
2018年
『コーヒーショップからお手軽デビュー』

 ジャカジャカとざらついたギター・サウンドにエコーを掛けた気怠いヴォーカル、幻想的なシンセサイザーが絡み合う、サイケデリックなポップス。暗く沈み込むようなサウンドが大勢を占めますが、メロディーの美しさが光っています。
2cq34ykfeucn5hn54kuwdmh0_268810.jpg

 新人シンガーソングライター、マレム・ラドソンのデビュー作。アメリカとガリシア(スペインの自治区)のハーフとして生まれた、スペイン系のミュージシャンです。ガリシア州オーレンスにて、1997年に誕生。早熟であった彼女は9歳で短編小説や詩を書き始め、同時にギターを学び、曲を書き始めています。高校2年ではテキサス州ヒューストンへの短期留学を経験。その後、コーヒーショップでミュージシャンのコミュニティに入ることに。そのコーヒーショップでの演奏(アコースティックによるカバー)をインターネットに投稿。それが切っ掛けとなり、18歳の時、インディーズ・レーベル、モントヴェントとの契約を結びました。2017年には最初のシングル「All My Storms」を、2018年にはセカンドシングル「Shades of Blue」を発表。Spofityなどで話題となりました。そんな中、発表されたデビュー作が本作です。

 前述した通り、エコーの掛かった幽玄なアコースティック・ポップ。だらーんと弛緩しているようで、メロディーには気を使っており幻想的なポップスとして、クオリティは高いです。

Shades of Blue (Official Video)

 元々、幻想的な楽曲ですがラドソンの歌声が、妖艶なのでそれに輪をかけて催眠術のようです。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ スペインSSWポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する