FC2ブログ

David Ford/Animal Spirits

David Ford/Animal Spirits
2018年 イギリス
『エネルギッシュな声に圧倒される』
 ブルース・スプリングスティーンとエタ・ジェイムス、トム・ウェイツを愛するイギリス人による、酔いどれブルース/ロック・ミュージック。
51A82T9FgsL__SS500.jpg

 デヴィッド・フォードは1978年ケント市ダートフォードにて誕生。上記のようなアメリカ音楽を楽しみながら育ったとのこと。学生時代からバンド活動を開始。インディー・ロック・バンド、EASYWORLDは2004年に解散するまで2枚のアルバムを発表するなど、地元では人気を得ていました。2005年からソロ活動を開始し、5枚のアルバムをリリース。本作は6枚目のアルバムとなります。
 
シャウトを交えた、ブルージーな歌声が素晴らしい。太い声です。ゴスペルを彷彿とさせる重厚な女性コーラス、叩きつけるような指使いが印象的なギター、オルガンなどによる迫力のバンド・アンサンブル。ソウルやブルース、カントリーなどアメリカ音楽への憧れを感じさせる音楽です。イアン・マシューズやロッド・スチュワートなど、かつてイギリスより生まれて来た米国憧憬のミュージシャンと同様に、ストリングス・アレンジの細やかさ、カチッとしていて凝った曲構成、煮え切らない暗さなど、イギリスらしさが隠し切れないところが魅力となっています。

Animal Spirits - David Ford


アルバム・ジャケットでは顔を隠していましたが、こちらでは、どアップで迫ります。照れ屋ではなかった模様。イギリスらしい風刺が効いているクリップです。
David Ford - Downmarket Lyric Video

こちらがアルバムのオープニング・ナンバー。攻撃的なポエトリーリーディングで圧倒させられます。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する