FC2ブログ

土岐麻子/Safari

土岐麻子/Safari
2018年 日本
『どんよりポップスに衝撃』

 1年ほどの間隔を置いてリリースされた新作。カバーなどを挟まずに素早く発表してくれたことはうれしい驚きです。
719m00xgINL__SY355_.jpg

 前作『PINK』同様プロデュース、全ての作曲を担当したのはトオミヨウ。こう書くと前作の延長線上の作風を想像するところですが、さにあらず。最初、予備知識なしに聴いた直後は「随分変わったな、新作のプロデューサーは誰だろう。」とブックレットをめくって驚きました。

 打ち込み中心のサウンドは前作同様、むしろ個々の楽曲でのセッション・プレイヤーの参加は多くなっており、生音の比重も高くなっているはず。なのですが、デジタル・ビートはより強調されており、もはやデジタル・ポップと呼んで差し支えないという印象です。ビートが沈み込んでいる上、キーボードとヴォーカルが浮き上がって聴こえるようなアレンジの為、率直に言うと地味にも思えます。洗練された雰囲気、軽やかさは前作『PINK』を踏襲しているのですが、煌びやかではなく内省的でダークなイメージが支配している内容。先ほどはデジタル・ポップと呼んでも、と形容しましたが、それよりも、どんよりポップス。曇りの日に聴きたい感じです。

緻密なアレンジは相変わらずで、それぞれの楽曲も(ダウナー気味ながらも)表情豊かです。聴き込むほどに馴染んでいきそうな予感がします。

Black Savanna

アルバムを象徴するオープニング・ナンバー。
ヴォーカル無しでも、テクノ楽曲として通用しそうです。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する