FC2ブログ

Three Seasons/Things Change

Three Seasons/Things Change
2018年 スウェーデン
『ヴィンテージ・ハード・ロック・バンドは皆、無邪気だなぁ』

 2009年結成。スウェーデンで活動するヴィンテージ・ハード・ロック・バンド、スリー・シーズンの4thアルバム。オリジナル・メンバーであったドラムスが脱退し、新メンバーが加わっての初めてのアルバムとなります。
61mOjRoVuhL__SY355_.jpg

 元々、オリジナル・メンバー3人で活動していたグループですが、アルバムではオルガン奏者をセッション・メンバーとして参加させて録音しています。しかしながら、本作ではトリオ編成での録音をより強化。オルガンはいくつかの楽曲での彩り程度に落ち着いている印象。結果、より泥臭くブルージーな面が強調されているのがポイントでしょう。初期のスティーム・ハマー、あるいはファーストのスプーキー・トゥース辺りを彷彿とさせる渋いハード・ロックをやっています。あか抜けないマイナー調のヴォーカル、バタバタとしたリズム、リフをビョンビョンとかき鳴らすギター。アンダーグラウンド臭たっぷりなアンサンブルには、マニアなら「合格!」と呟いてしまうことでしょう。「『アキレス最後の戦い』みたいなことがやりたい」など具体的な欲求が分かってしまう楽曲も多いのですが、なかなかにドラマティックに仕上がっており、聴き応え十分。テンポの上げ下げのタイミングも絶妙です。

I Don't Need Nothing More

 中盤のパートが聴きもの。ディープ・パープル調クラシカル・ギターからブラック・ウィドウのような黒魔術ギターへと、ソロが変化していくところがたまりません。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ スウェーデンHR/HM

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する