FC2ブログ

Dangerous Curves/So Dirty Right

Dangerous Curves/So Dirty Right
2018年 オーストラリア
『僕らのLAメタルがまた始まった』

 もったりとしていて開放的なギターリフ、高低使い分ける賑やかな野郎コーラス、地鳴りがするようなどっしりとしたミドル・テンポの楽曲。そしてケバい容姿。君たち、LAメタル好きでしょう?
0006672955_10.jpg

 オーストラリア出身の4人組、デンジャラス・カーヴス。2015年に、ヴァン・ヘイレン、ボン・ジョヴィ、キッスなどをイメージして結成されました。2016年にデビューEPをリリースした後、地元でのライブ経験を経て、ファンを着実に増やすことに成功。ファースト・アルバムのリリースとなりました。
268x0w1111.jpg

 音楽性についてはここまでの説明からご推察されるとおり。ゆったりグルーヴィなミドル・テンポ・ロックンロールが展開されており、純度の高いLAメタル懐古が体験できる内容です。曲間にジェット機、バイクのSEが入るのもニヤリとするポイント。ヴォーカルは高音の掠れ具合がちょうど良く、悪童チックなLAメタルにはピッタリです。ワーオ!のシャウトも完璧。バンド・アンサンブルについては、ギター、リズム・セクション、共にとにかく横揺れのグルーヴを大事にしており、重量感抜群。この辺りはオーストラリア出身ということで、AC/DCからの影響を感じさせます。楽曲は総じてポップな仕上がり。またモトリークルー張りの、アコギでのしんみりパートが用意されているのもポイント。2018年ならではの新鮮味は皆無ですが、1周回って新鮮な魅力を放っています。

Dangerous Curves - So Dirty Right [Lyric Video]


一極集中で推しまくっているのがこの曲。歌詞の世界観も踏襲しています。
Dangerous Curves - So Dirty Right (Mojo's Ballarat 13/4/18)

ライブ映像もどうぞ。青い!チラチラ映る客席のお姉さまもポイントです。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ オーストラリアHR/HM

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する