FC2ブログ

King Leg/Meet King Leg

King Leg/Meet King Leg
2017年 アメリカ
『昔のアメリカ音楽のような温もり』

 アメリカのレーベル、Sireと契約した新人ロックンロール歌手、キング・レッグのファースト・アルバム。

 1986年生まれ、ネブラスカ州出身のSSW、ジョイス。地元ではカバーバンドに在籍していたのですが、自作自演への欲求に目覚め、より積極的な活動を求めてナッシュビルへ移住します。スミスのカバー・グループと並行して、自作曲を練っていたものの進展が見られない日々。一度は音楽の道をあきらめて、大学の医学部へと進んだものの、友人の勧めでロサンゼルスへ移住して、ジョイスをリーダーとするキング・レッグというグループを結成。彼らが演奏したある日のクラブにて、ワーナーの伝説的プロデューサー、レニー・ワロンカーの耳を捉え「ロイ・オービソンのように惹きつけられる声だ」などの絶賛を得ることに。レニー・ワロンカーは、Sireの責任者であるシーモア・シュタインを紹介。キング・レッグはレーベルとの契約を勝ち取りました。本作は彼(ら)のデビュー作となります。
81Kkob1jx-L__SY355_.jpg

 50年代のカントリー、R&Bをルーツとするロックンロールへの回帰をテーマとした音楽性が特徴です。鍵盤奏者を含む5人編成での録音。ヴォーカル中心の隙間の多いアンサンブルはパブロックのような軽やかさが素晴らしい。ジョイスの歌声はロイ・オービソンの如し、という程のインパクトは無いものの、甘さや切なさを感じさせる魅力があり。
情感たっぷりで、のどかな雰囲気を感じさせる楽曲群にはコンパクトなポップさや鋭さもあり、懐かしいだけではありません。

King Leg - Great Outdoors (Official Music Video)

母国への愛情たっぷりに歌われる、お出かけソング。ちょっとチープ・トリックも思い出す、ポップなロックンロールです。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する