FC2ブログ

GoGo Penguin/A.Humdrum.Star

GoGo Penguin/A.Humdrum.Star
2018年  イギリス
『ビートが強調されつつもピリピリする緊張感は健在』

 ゴーゴー・ペンギンの4枚目。いつも通り2年空けての新作となります。

 マンチェスター出身のジャズ・トリオであり、アンビエント、ポスト・ロック、アンビエント、現代音楽、ジャズ・ピアノ、ゴシックなど様々な要素を融合させた音楽をやっています。セカンド、サードも当ブログで紹介しています。
61dnB5MYexL__SL1200_.jpg

 サード『Man Made Object』の時点で傾向はあったのですが、作風がポップな方向へ振り切っている印象。ビートが強調されている曲もいくつかあり、一部、まるでヴァンゲリスのような趣。精密なドラム、うねるベース、さめざめと泣くようなピアノという三人のアンサンブルの関係は今作でも健在です。相変わらず、音の粒立ちがくっきりしているのもポイント。ちょっと普通になってしまったかな、ロック寄り過ぎないか、と最初は思いました。しかしながら、アルバム全体に緊張感が満ちており、楽曲同士が繋がっていくストーリー性もあり、聴き応えは十分です。

GoGo Penguin - Window (Official Video)

 映像の意味が分からない。石人間なのかな、と思いきや血液が流れているようでもあり。
GoGo Penguin - Raven (Live at Low Four Studio)

 アルバムの2曲目に置かれた、メロディアスな曲。涼しい顔で正確無比な演奏を繰り出す、凄いライブ映像です。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスジャズ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する