The Reverend Shawn Amos/Breaks It Down

The Reverend Shawn Amos/Breaks It Down
2018年 アメリカ
『リバーエンドで神父って意味なのか』

 渋いジャケに心惹かれてチェックしたアルバム。

 ジ・リバーエンド・ショーン・アモス、ショーン・アモス神父は現代のブルース・マンの一人。過去のブルースを検証、再解釈することを自身のスタイルとしているようです。神父と名乗るだけにゴスペルに造詣が深く、ソウルやロックの要素も多く取り込んでおり、シ
リアスなブルース音楽とは言えないものの、取っつきやすい音楽性が特徴です。

 ソロ名義ながら数名のギタリストの他、バンド・メンバーを招いて録音。いくつかの曲ではホーンセクションを加えています。
The-Reverend-Shawn-Amos-Breaks-It-Down.jpg

 アルバムは2曲のカバーと5曲のオリジナルで構成されています。1曲目「Moved」は三枚目のツェッペリンがやりそうな、ギター弾き語りによる静謐なスロウ・ブルース。響き渡るハーモニカが印象的です。2曲目「2017」はソウル色の強いロック・ナンバー。絞り出すようなヴォーカルとリズム・セクションによるグルーヴが一体となっています。表情の全く異なる2曲で掴みはオーケー。以降、バラエティーに富んだ構成で、滋養がありそうな、ワクワクするブルース・ロックで楽しませてくれます。

 ブルース・ミュージシャンではあるのですが、アルバート・キング的な雰囲気がする人。カバーの選曲はロック寄りでデヴィッド・ボウイ「The Jean Genie」エルヴィス・コステロ「(What's So Funny 'bout) Peace, Love, And Understanding」というラインナップ。前者はデカダンスな部分を残しながら、骨太なギターラインを強調してハードボイルドなブルース・ナンバーへと変貌させており、後者はキーボード主体のゴスペル・ナンバーへと仕上げています。特に「(What's So Funny 'bout) Peace, Love, And Understanding」はメロディーの美しさが際立っており、素晴らしい。

The Reverend Shawn Amos - 2017 (Official Lyric Video)

 うーむ、色々と政治的なメッセージが仕掛けられているクリップだと思うのですが、自分の素養ではイマイチ理解できないのが残念。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカブルースロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する