Judas Priest/Firepower

Judas Priest/Firepower
2018年 イギリス
『愛嬌のあるプリーストが戻って来た』

 若き日に『PAINKILLER』がリリースされて夢中になったジューダス・プリースト。世代的には壮年期にギリギリ間に合った感じでありました。以後ジューダス・プリーストは長い沈黙ののち、ロブ・ハルフォードのソロ活動を経て1997年、新ヴォーカルを迎えて『Jugulator』を発表。当時、このアルバムを肯定する為にあらゆる努力を惜しまなかったことが、今はいい思い出です。2005年にロブ・ハルフォードが復帰しての復活作『ANGEL OF RETRIBUTION』がリリースされるものの、この頃にはかなり醒めておりyoutubeでチェックしてスルーする決断が出来るほどクールでした。(ロブ・ハルフォードもハイトーンが出なくなったな、とか)更にK・K・ダウニングの脱退の報せがあり。それを機に、しばらくジューダス・プリーストの音楽に触れずにいました。60年代から活躍する伝説級のロック・ミュージシャンの訃報は残念でありますが、遠い歴史の出来事のような気持ちもあり。しかしジューダス・プリーストのように、ライブにも参加したバンドやミュージシャンが老いを感じさせるのは、凄く寂しく感じます。
81z7agj0MJL__SL1216_.jpg

 そんな自分が手を出したジューダス・プリーストの新作『Firepower』。理由は、このジャケット。まるで『Screaming for Vengeance』のような雰囲気を醸し出しています。これは購入不可避!

 全盛期のアルバムも担当していたトム・アロムがプロデューサーに起用されています。ドラマティック且つキャッチーな楽曲が目白押しで、往年の個性が蘇っているのがポイント高し。『PAINKILLER』期に準ずるヘヴィさですが、前述したようにかなりキャッチーな作風となっているところが肝。ロブ・ハルフォードのシャウトも、ツインギターの艶も全盛期の輝きには及ばないものの、健闘を称えたい仕上がりです。ちょっと曲数多いかな、と思ってしまうところもあり。また、一気呵成に攻め立てるアルバムだからこそ「Sea of Red」はもっと徹底してメロウに、例えば「Before The Dawn」や「Last Rose of Summer」のように仕上げてくれれば文句なしでした。

 本作と同時期にグレン・ティプトンがパーキンソン病を患っていることが公表され、バンドのライブ活動からも離脱するとのこと。残念です。

Lightning Strike

うーむ。昔のジューダスのライブビデオを見ているかのような編集に唸るしかありません。



judaspriest_jesseshibaike.jpg
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスHR/HM

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する