FC2ブログ

Steelism/ism

Steelism/ism
2017年 アメリカ
『ペダル・スティール愛』

 スティーリズムのスティールはペダル・スティールのスティール。美しい伸びやかな高音とギター、オーケストレーション、シンセサ
イザーが交歓するインストゥルメンタル・ミュージックです。

 ナッシュビルのインストゥルメンタル・デュオ、スティーリズム。イギリスのエセックス出身のスペンサー・カラム・ジュニア(ペダル・スティール担当)と、オハイオ州カントン出身のジェレミー・フェッツァー(ギター担当)が出会い、2013年に結成されました。フェイスブックの影響を受けた音楽には「Area Code 615, Booker T. & The MGs, Dick Dale, Pete Drake, Lloyd Green, Ennio Morricone, Lalo Schifrin, Goblin」と記載されており、カントリー、ソウル、映画音楽からの影響を受けていることが分かります。個人的にはゴブリンが入っているのがワクワクします。本作は2014年のデビュー作に続くセカンド・アルバム。
81cWeD3zPIL__SY355_.jpg

 デュオ名義ですがバンド録音+ストリングスで録音されています。上記のリスト通り、ホラー、西部劇のサントラ、カントリー、ソウルと様々な音楽要素をごった煮したインストゥルメンタル・ミュージック。ペダル・スティールとギターが肝ながら、それぞれがソロを取ることはなく、合奏のみで展開。またアルバム全体のスパイスとしてか、女性のゲスト・ヴォーカルを数曲で起用しており、それらでは、よりドラマティックな魅力を強調しています。全編でスティール・ギターがふぃーーーんと唸っているのはどうなのだろう、と思いきや、清々しい聴後感。

Cup of Wasser

カントリー・ロック・ナンバー。映画音楽からの影響が一番大きいようなので、この手の曲は少な目です。電車に揺られながら聴くと良さそう。


Steelism - "Roulette" (feat. Ruby Amanfu)

ホラー映画風のヴォーカル・ナンバー。ここでは大人しいスティール・ギターですが、サビでむせび泣いております。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する