FC2ブログ

アニス&ラカンカ/Aniss and Lacanca with the Chill Hearts

アニス&ラカンカ/Aniss and Lacanca with the Chill Hearts
2012年 日本
『幻想的でのどかなポップ・ミュージック』

 見汐麻衣のソロ作を購入した際、存在を知ったデュオ作。『広大なファーム広がるニュージャージーからやってきた、仲良し姉妹デュオ!16歳の妹アニスと18歳の妹ラカンカから突然の贈り物』(公式より)というお話のもと、見汐麻衣とmmmの二人が制作したアルバムです。フォーク、エレクトロ、サイケと音楽性に共通項が多い二人なので、相性は良さそう。

 録音・ミックス・マスタリングをWATER WATER CAMELの田辺玄が担当。バック・ミュージシャンには山本達久(drums, percussion)、千葉広樹(electric bass, double bass, percussion) 、坂口光央(rhodes, piano)の三人。1曲のみゲストとして宇波拓(electric guitar)が参加しています。英語詞4曲日本語詞5曲の計9曲。
48797509.jpg

 全曲がアニス&ラカンカ名義になっていますが、埋火、mmmソロ、双方からの連続性が感じられる、幻想的でのどかなポップ・ミュージックが楽しめます。二人の緩いコーラス、掛け声、意図的に籠った録音などでトロントロンな聴き心地。一方で演奏面は達人を起用しているだけに引き締まっていて、楽曲後半に突如熱いセッション・タイムが挟み込まれるなど、レイラのような展開が楽しめる楽曲もあり。

アニス&ラカンカのテーマ - Aniss&Lacanca's Theme

振り切ってやっている感じが良く出ていて素晴らしい。中期ビートルズっぽいギターリフを背骨にして、弾けています。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップスSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する