FC2ブログ

V.A./文藝ミュージシャンの勃興

V.A./文藝ミュージシャンの勃興
2002年 日本
『勤労感謝の日に聴きたい歌』

 文藝ミュージシャンって何だろう、ということがこのCDで分かるかというと、それはさっぱり分かりません。原朋信、田辺マモルが監修に加わっており、その周辺の人脈が採用されている感じの人選です。帯にあるような「美人に貢がせ、原稿破る」文士に憧れて、という訳でもなさそう。ただ、生活が感じられる内向的な音楽という部分では統一感があり、心地よく聴くことが出来るコンピレーションです。尚、文藝ミュージシャンということで、参加した面々には数ページが与えられており、短編小説やエッセイなどを読むことが出来ます。おそらくかつての文士が編纂していたという同人誌をリスペクトして仕上げたものなのでしょう。楽しい読み物になっています。
PSCR-6088.jpg

 実はマーガレットズロースの未発表曲「三度の飯より」が入っていたので購入したCDでした。収録曲17曲のうちには、その他にもいくつかの貴重な曲が含まれています。アンダーグラウンドなミュージシャンが多いので、そのファン向けという意味で、ですが。

 一番のお気に入りになったのは、ニーネの「俺も4トンに乗るぜ」。物流の仕事に就いて、4トントラックで家族を支える男の歌のような体裁ですが、その実、4トントラックで大きな荷物を運ぶがごとく、自分の音楽で皆を楽しませてやるぞ!という泥臭い青さが炸裂した素晴らしい歌となっています。勤労感謝の日に聴きたい歌。そういえば、来週末にニーネのライブに行きます。

動画はありませんでした。

関連するタグ 日本フォークロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する