FC2ブログ

Beans On Toast/Cushty

Beans On Toast/Cushty
2017年 アメリカ
『ジェイ・マカリスター、誕生日おめでとう』
 
 エセックス出身のSSW、ジェイ・マカリスターが名乗っているステージ・ネーム。
それがビーンズ・オン・トースト。当ブログで扱うのはこれで2回目となります。前回の記事では毎年12月1日(彼の誕生日)に新譜を出す、と書いていまして、今調べてみると2016年の12月1日にも『A Spanner In The Works』というアルバムをリリースしておりました。本作で通算9枚目となります。
Beans_On_Toast_-_Cushty_-_COVER_-web.jpg

 息継ぎをしないでどこまで一息で歌えるか、というような言葉を浴びせ続ける歌唱法が特徴。ポエトリーディングにも近いです。抑揚をつけた哀愁味のあるメロディーを、枯れた歌声とアコギで彩っています。他にはピアノ、ハーモニカを使用。初期ボブ・ディランにも通じる穏やかながら反骨心を感じさせる歌です。
beans-on-toast-lb.jpg

 自分が聴いた前々作と比べても区別がつかないほど、同じことをやっています。ちなみに前々作は日本盤もリリースされていましたが、本作はなし。輸入盤がタワーで取り扱っているのみです。日本盤が歌詞対訳付きでリリースされたなら、より深く楽しめるのに、と思う次第。
Beans on Toast - Secret Garden Party (SGP)


アルバムにはSGPという略称でタイトルが付けられていました。なるほど、秘密の庭のパーティという意味だったのですね。尚、収録されているヴァージョンはピアノが入っているので、このテイク(ギター弾き語り)とはヴァージョン違いとなります。

Jamie & Lilly


こちらはアルバムと同テイク。ジェイミーという女性からeメールをもらってスタートする、この曲の物語がyoutubeのページに書いてあります。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカフォーク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する