FC2ブログ

Shilpa Ray/ Door Girl

Shilpa Ray/ Door Girl
2017年 アメリカ
『ニューヨークの伝統、繋がる』

 やさぐれた女性ヴォーカルのロックンロール、という取っつきやすさに加えて、レゲエやヒップホップ、ニューウェイヴも取り込んだ多彩なバックグラウンドも持っているミュージシャン。
a3252093012_10.jpg

 シルパ・レイはニューヨーク、ブルックリン出身のSSW。幼少期、教会のゴスペルに触れることが音楽との出会いとなります。また自宅にあったハーモニウム(インドのオルガン)も、長い間彼女の遊び道具であったとのこと。ニック・ケイヴ・&・バッド・シーズの音楽を知ることで、パンク、ロックンロールの世界に魅了されていく彼女は、2004年にパンク・ロック・バンドShilpa Ray and her Happy Hookersを結成。数枚のアルバムを発表しています。バンドは2011年に活動停止となり、ここから新たなバック・バンドを編成してシルパ・レイ自身のソロ活動を開始。2015年にファースト『Last Year's Savage』を発表、本作はそれに続くセカンド・アルバムとなります。尚、彼女は影響を受けたミュージシャンとして、Nick Cave and the Bad Seeds, Warren Ellis, Jon Spencer Blues Explosion, Sharon Van Etten, Man Man, Nicole Atkins, Acid Mothers Templeといったメンツをリストに挙げています。

 古き良きニューヨーク・パンクの流れを汲む音楽性です。暗く寂しいメロディーと衝動的なビートが同居したスタイルは正しく王道。一方で先述したように、レゲエやヒップホップの要素を取り込んだ楽曲もあり、まるでポリスを彷彿とさせる部分もあり。抑揚をつけたヴォーカルは見事。ふくよかな声質。またハーモニウムを随所で活用しているのも特徴で、儚げな残響が美しいです。

Shilpa Ray "Morning Terrors Nights Of Dread

ルーツはサーフ・ロック辺りを連想させるナンバー。中盤部分でたっぷりとスローダウンのパートを設けて、ダイナミズムを演出しています。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカロックSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する