Thelonious Monk/ Underground

Thelonious Monk/ Underground
1968年 アメリカ
『ジャケとの相乗効果で楽しさ倍増』

 ボブ・ディランの『地下室』と似たジャケットが気になって購入。(調べてみましたが確たる情報は見つからず)セロニアス・モンクは今回で5枚目です。即興と本筋の境界線が見えないような、スリリング且つ美しい旋律を聴かせてくれるピアニスト兼作曲家。
91ezK8hczEL__SL1500_.jpg

本作での参加メンバーは以下。
Thelonious Monk(piano)
Charlie Rouse(tenor sax)
Larry Gales(bass)
Tommy Williams(bass)
Ben Railey(drums)
Jon Hendricks(vocal)

 セロニアス・モンクはこの時、50歳。53歳(1971年)には隠居体制に入ってしまうので、晩年の作品ということになります。収録曲は全7曲で5曲目の『Easy Street』のみスタンダードであり、他の曲は全て自作曲となります。

 この時代のセロニアス・モンクは初めて聴きました。ピアノのスタイルが落ち着いている。いや、音数を抑えて表現しようとしているように思えます。これはこれでやはりかっこいい。自在に閃くアドリブも健在です。また、アンサンブルも、モンクのコロンビア期を支えてきたメンバーが多く参加しているだけにコンビネーションはバッチリです。

 個人的に気に入ったのはまず3曲目「Raise Four」。延々と続くと思われるピアノのリフレインから徐々に崩れてアドリブ・パートへ。最初の無愛想な冷たさから一転、お茶目なセッションへと表情が変わるのが楽しい曲です。そしてラストに置かれた「In Walked Bud」。


歌手ジョン・ヘンドリックスが参加しているのがポイント。ピアノとスキャットの応酬がワクワクさせてくれます。ここでのピアノはサポート役かと思いきや、キッチリ、ソロパートが用意されているところも裏切られて気持ちいい。

最後にジャケットについて少し。フランスのレジスタンスをテーマにしているとのこと。色合い、小物などへの拘りが素晴らしく、優秀ジャケット賞を取るのも納得の出来栄え。ただ、一番の収穫は、全力でリクエストに応えたセロニアス・モンクの愛嬌、サービス精神が伺えることでしょう。楽しい曲を楽しいジャケを眺めながら聴く。おなか一杯です。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカジャズ

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する